スポンサードリンク

ネタバレ注意!デジタルカメラマガジン1月号各社インタビュー記事のPDFがダウンロード可能だ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Impress社デジタルカメラマガジン 2012年 01月号 に掲載される8社横断インタビュー「2012年デジタルカメラの次なる夢」記事がPDFで公開?(誰でもダウンロードできる)されています。

雑誌購入ご予定の方は注意!w
URL中の“free”からすると、マジ無料配布のふとっぱらなのでしょうか?

https://www.impressjapan.jp/pr/monitor/1112_dcm/271201_free.pdf

デジタルカメラマガジン1月号

◆オリンパス

  • ファインダー重視の新ミラーレス準備中
    • オリンパスらしい新しいミラーレスカメラを作っている
    • PENとは違う「新路線のミラーレスカメラ」を近く発表
    • PENとの互換性はある
    • 見や すさという点では画期的なファインダーを搭載
  • E-5 の後継機
    • 新 し い E シ リ ー ズ の 開 発 に も 着 手

◆キヤノン

  • 2012年にはミラーレスを出したい
  • すごい一眼レフやコンパクトもあり。
  • ミラーレスを食うようなコンパクトや 一眼レフも用意している
  • 多画素化が必要なのか? という問題提示と も受け止められる言葉

◆シグマ

  • Foveon は APS-C でブラッシュアップ
    • 今後出すSDシリーズについては、SD1と同じAPS-Cで展開
  • DPシリーズのラインアップを充実
    • SD15と同じ大きい撮像素 子 を 搭 載
  • マイクロ4/3対応のレンズも開発中
    • (CESあたりか)でなんらかの発表
  • ミラーレスカメラよりSD 、DPの両シリーズを充実させた い

◆ソニー

  • NEX用の小さなEマウントレンズ
    • 高性能な小型レンズ
    • 画質も収差も妥協はしない
    • 来年の早い段階で発表されるかも
  • 将来は1億画素も?
    • 今後も多画素化を前提にカメラ開発が進みそうな気配が濃厚だ
  • 電子シャッターはいずれ各社が商品化
    • 電子化が進む今後のソニーの方向性に注目

◆ニコン

  • D700後継機とD3後継機は来年の早い 段階で発表、おそらくCP+
  • D700 後継機は多画素・高解像
  • D3 後継機は高感度・高速モデルに。
  • 「多画素」「高倍率ズーム」「薄 型 」に特化したコンパクトカメラが出てきそう

◆富士フイルム

  • 新ミラーレス
    • APS-Cセンサー搭載
    • 解像感はフルサイズを超えるレベルだ
    • AFも相当に速い
    • ファインダー搭載
  • 将来は下位機のラインアップも

◆ペンタックス

  • フルサイズのミラーレスを検討
  • 645Dのミラーレスを検討
    • レリーズ時のミラーショック対策の意味合いも
  • 一眼レフはすべて100%ファインダー

◆リコー

  • 道具としての GR はもっと進化する
    • 起動時間、バッテリー、堅牢性⋯⋯
  • ペンタックスのレンズが使える(GXR)ユニット
  • GXシリーズの復活は消極的か

という感じです。
各社すごい夢?を語られていますね。
またキヤノンが多画素化にあまり積極的では無く、逆にソニーが積極的であるのがある意味駆け引きなのでしょうか??

個人的にはSD1のセンサーを搭載したDPシリーズに興味があったりしますが、シグマ様のことだから気長に待つ必要があるかもしれませんね・・・・w

ただ、昨年の同企画記事ではキヤノンからEFマウントのミラーレスなどの夢話があったようで、それは2011年中には実現しませんでした。

ということで、これらのインタビューは“夢”ということで2012年中に全てが実現というより、これらの話半分程度かもしれませんが、メーカーによっては具体的な発言も見受けられるのが面白いですね。

 

今日は、PDFを見る前に書店に急げ!w

デジタルカメラマガジン 2012年 01月号 [雑誌]

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

3 thoughts on “ネタバレ注意!デジタルカメラマガジン1月号各社インタビュー記事のPDFがダウンロード可能だ!

  • 2011年12月19日 at 11:08 AM
    Permalink

    こんにちは。

    記事の無料配布なんて前代未聞のことをするのには、それなりの背景と意図があるのだと思います。その意図とは何かを考えるとき、田中先生、デジタルカメラマガジンのスタッフの方々、カメラ業界の方々の「日本を良くするんだ」という、意志を感じることができ、胸が熱くなりました。

    そしてオリンパスの小川さんについては、オリンパス問題でかなり焦燥されているご様子。「大丈夫オリンパスは勝ちますよ」と言ってあげたい気持ちになりました。

    ●キャノンのミラーレス

    もしかしたら、オリンパスの新路線のミラーレスとコンセプト的に近いのかな?と感じました。ミラーレス構造 + 光学ファインダー = レンジファインダー、というイメージを思い浮かべました。

    キャノンにおけるミラーレスとは、ソニーの α と NEX の関係が参考になるのではないでしょうか?インタビュー記事で、再考したのが自分は必ずしもミラーレスが欲しいのではないんだな、ということです。自分が欲しいのは、小型・軽量・薄型で優れた製品なんです。ですからミラーレスを食うかも知れない、一眼とコンパクトには要注目です。

    Reply
  • Pingback: 2012年のデジタルカメラマガジン新年号を振り返って見た | YOUのデジタルマニアックス dmaniax.com

  • Pingback: 昨年のデジタルカメラマガジン新年号を振り返って見た | YOUのデジタルマニアックス dmaniax.com

コメントを残す