スポンサードリンク

田中先生こんどはK-5にちょっと注文

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Pentax K-5のあまりも高い完成度にショックを受けていた、田中希美男先生ですが、流石ちょっとした注文な記事を書かれています。

、気の弱いペンタックスは「ナチュラル」だけ、青色が強調されないように“こっそり”と発色傾向を変更した。彩度もだいぶ落とした。


ナチュラルモードに限り、ブルーの発色が変更されているという点を指摘されています。
撮影モードの中でも最も基本となるのが、ナチュラルモードですが、そこにユーザの意見を取り入れるのか。それともメーカーのコンセプトを守るのか?なかなかメーカーとしてはなかなか苦しいとこですね。

ということで、ブルーの独特の発色を楽しむならK-7になるのかな?

 PENTAX K-7 ボディ

 PENTAX K-7 ボディ

価格:69,242円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す