スポンサードリンク -

2020年 日本のカメラメーカーのシェア(日本経済新聞)

Pocket
LINEで送る

昨年に2019年の世界市場における日本のメーカーのシェア統計についてご紹介していました

今回2020年の統計も出ていましたのでご紹介いたします。(元記事は有料記事となります)

日本のカメラメーカー上位5社で世界のシェアの93.8%をカバーしているということですね。
また出荷台数は885万台ということです。

次に5社のシェアは以下の通り。

  • Canon 47.9% (+2.5%)
  • SONY 22.1% (+1.9%)
  • Nikon 13.7% (-4.9%)
  • FUJIFILM 5.6% (+0.9%)
  • Panasonic 4.4% (-0.3%)

ということです。

ちなみに、2019年の統計のシェアの記事はこちら。

2019年カメラメーカートップ5の世界シェア

出荷台数93.7%で、出荷台数は1483万台ということで、各メーカーの内訳は以下の通り。

  • Canon: 45,4% (+2.4%)
  • Sony: 20.2% (+0.9%)
  • Nikon: 18.6% (-1.6%)
  • Fujifilm: 4.7% (-0.4%)
  • Panasonic: 4.7% (0.0%)

でしたので、ここ2年でCanon、SONY、FUJIFILMがシェアを継続して伸ばしていますが、最も大きく伸びているのは、元々ナンバーワンのCanonですので、集中化が進んでいるようにも見えます。

その一方で、最もシェアを落としたのはNikonですね。

ただ、Nikonは復活の兆しも見えますので、2021年は絶対シェア回復して欲しいと思います。

ニコンが2022年期Q1決算を発表!カメラ・レンズ好調で赤字から脱却!

だだ、出荷台数が1483万台から885万台に激減しています(コロナの影響が大きいですが)ので、シェアの数%の争いよりも台数の復活、そして販売単価の上昇を進めることが各メーカーとカメラ業界復活の鍵になりそうですね!

なぜ上手い写真が撮れないのか

なぜ上手い写真が撮れないのか

1,650円(12/05 05:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
カメラじゃなく、写真の話をしよう

カメラじゃなく、写真の話をしよう

嵐田 大志
2,200円(12/04 20:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す