スポンサードリンク -

キヤノンのAPS-C EOS Rが出るという噂がトーンダウンしている?(CW)

Pocket
LINEで送る

CanonWatchがCanonのAPS-C EOS Rについての予測を考察する記事を掲載しました。

It seems the rumor about Canon allegedly working on a camera with RF mount and an APS-C sensor has now been downgraded

Via:CW – DIE-HARD RUMOR ABOUT CANON EOS R
  • CanonがAPS-CセンサーのEOS Rを作っているという噂が出て数年が経過している。
  • そしてCanonが積極的に市場調査を行なっていたが、その結果RFマウントのAPS-Cセンサーの開発について優先順位が下げられたということが伝わってきた。
    • これまでも我々た言って来た通り、EOS-Mシステムの将来は不確実ではなく、現在においてもAPS-Cのベストセラーのミラーレスシリーズになっている。
    • よってRFマウントのAPS-Cカメラに関する噂はWebに流れていただけの古い情報に過ぎず、完全に非現実的であるということだ。
    • 2021年に3台以上のAPS-Cセンサー搭載のEOS Rカメラが提案されたという情報が流れ盛り上がったが、これは、いつかはその日も来ることがあるかも、という意味に見える。
  • 疑問があるとすれば、Canonのプロ向けのAPS-Cである EOS 7D Mark IIの後継機ということになるだろう。
    • しかしCanonは7D2のリプレースを行うのに十分なユーザがいないと考えているという話が出ている。

今回の情報はあくまでも噂vs噂の話だと思いますが、ミラーレスカメラにおいて、同じマウントでより小型のセンサーのカメラを出す理由があるとすれば、コストダウンか、動画用として基準になっているセンサーサイズ、くらいしか無いのではと思います。

確かに先月APS-C機の噂が出ましたが、、、、

キヤノンはRFマウントAPS-CミラーレスのEOS R7、R8、R9の3機種をスタンバイしている?(CR)

特にプロ向けのカメラとして考えると、そもそも高価ですのでコストダウンのメリットよりも、値段を下げると利益額が減るというデメリットの方が大きいとも思います。

Canonは現在業績好調のようなのであえて方針を変更する必要はないですしね。

フルサイズミラーレスが世界的に好調!キヤノンが業績予測を上方修正

EOS 7D Mark IIユーザーの方はEOS R3に乗り換えて欲しいというのもあると思います。

キヤノン EOS R3はR5と同じ4500万画素が採用されるという説も出てきたけど(CR/Techradar)

結局Canonは入門向けのEOS-Mが十分売れている現状ではあえて急いでAPS-Cを出すことは無いのかもしれません。

そして先日もCanonが低価格のフルサイズ EOS Rを出すという噂が出て来ましたので、あえて入門レンズを開発してまでAPS-Cを出す緊急性はないとも思います。

僕らはこれを待ってるんだ!>キヤノンが2022年に799ドル!のフルサイズミラーレスカメラを発表する?(CR)

ただ、もしライバルメーカーが中級以上のAPS-Cの方がメインストリームになって爆売れするような状況になれば話は別かもしれませんが、、、、

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

キヤノンのAPS-C EOS Rが出るという噂がトーンダウンしている?(CW)」への1件のフィードバック

コメントを残す