スポンサードリンク

ソニーが海外でフルサイズ対応の超望遠ズームレンズFE 200–600 mm F5.6–6.3 G OSS を発表

Pocket
LINEで送る

こちらも噂&リーク情報通りSONYがフルサイズ対応の超望遠ズームレンズFE 200–600 mm F5.6–6.3 G OSS(SEL200600G)を発表しました。

米国の製品情報ページで示されている価格は$1,999.99となっています。単純換算で21.7万円強です。

プロモーションビデオ

製品情報ページ(米国)

  • レンズ構成 17群 24枚
    • 5枚のEDエレメント
  • Nano AR コーティング
  • フッ素コーティング
  • DDSSM(ダイレクトドライブSSM)システムによる高速かつ高精度のAFを実現
  • インナーフォーカスおよびズーム時でも全長が変化しない構造
  • 絞り羽 11枚 円形
  • 最短撮影距離2.4m
  • 最大撮影倍率 x0.66
  • フィルター径 95mm
  • フルタイムDMF AF-Cモード対応
  • 3モードのOSS手ぶれ補正
    • パンが主体の動きに対応するMode2
    • よりダイナミックなスポーツや野生撮影向きのMode3
  • フォーカスリミッター
    • 10m – 2.4m
    • 10m – ♾
  • MF時にリニアなレスポンスを実現したフォーカシングリング
  • カスタマイズ可能はフォーカスホールドボタンを3箇所に配置
  • 取り外し可能な三脚座
  • マグネシウム合金ボディ
  • 防滴構造
  • サイズ111.5 x 318 mm
  • 質量 2115g
  • XAエレメントを採用した新X1.4およびx2.0テレコンバーターに対応

X2.0 テレコンによってAPS-Cカメラで換算1800mmという超超望遠撮影が出来るということですね。

価格も20万円超えるあたりが期待出来そうなので、これは秋の運動会シーズンでの活躍は間違い無さそうです。

Nikon、Canon、Panasonicのフルサイズミラーレスカメラには同等のレンズが未だ揃っていないのでますますSONY αシリーズの売り上げにも貢献出来そうなレンズだと思います。日本での発売が楽しみですね!!

 

ソニーEマウントレンズ完全レビューブック (玄光社MOOK PHOTO YODOBASHI SHOOTING REPORT)

ソニーEマウントレンズ完全レビューブック (玄光社MOOK PHOTO YODOBASHI SHOOTING REPORT)

PHOTO YODOBASHI編集部
2,530円(10/16 03:31時点)
発売日: 2018/05/17
Amazonの情報を掲載しています

 

バードウォッチング&野鳥撮影スキルアップのコツ115 鳥説

バードウォッチング&野鳥撮影スキルアップのコツ115 鳥説

♪鳥くん(永井 真人)
1,639円(10/15 15:05時点)
発売日: 2018/10/24
Amazonの情報を掲載しています
Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “ソニーが海外でフルサイズ対応の超望遠ズームレンズFE 200–600 mm F5.6–6.3 G OSS を発表

コメントを残す