スポンサードリンク

リコーイメージングが「本日の一部報道について」ーRICOH 再起動

Pocket
LINEで送る

本日の日本経済新聞の報道に対して、リコーイメージングがホームページで公式コメントを掲載しました。

本日、リコーのカメラ事業縮小、個人向け撤退検討という報道が一部にございましたが、この記事はリコーが発表したものではありません。
Via : 本日の一部報道について | リコーグループ 企業・IR | リコー

  • PENTAXやGRなどの高付加価値製品にリソースを集中している。
  • 360°カメラの「RICOH THETA」はVR、AR市場におけるインプットデバイスのマーケットリーダーであり、さらに事業を拡大していく。
  • BtoB向けにカメラ技術を生かした新市場を創出。

ということで一安心ですね。

また、中期経営計画について発表しています。キーワードは「RICOH 再起動」

RICOH 第19次中期経営計画
RICOH 第19次中期経営計画

この中で唯一カメラに関して記述しているページ。

RICOH 第19次中期経営計画
RICOH 第19次中期経営計画

デジタルカメラ事業の100億円現存に関する発表

デジタルカメラ事業に係る固定資産について、国際会計基準(IFRS)に基づき減損テストを実施した結果、想定されていた収益が見込まれなくなった為、約100億円を減損損失として計上する見込みとなりました。
Via : 減損損失の計上および業績予想の修正に関するお知らせ | リコーグループ 企業・IR | リコー

うーん、やっぱりちょっと心配(^^;

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

2 thoughts on “リコーイメージングが「本日の一部報道について」ーRICOH 再起動

コメントを残す