スポンサードリンク

Google Photos レビュー:編集機能の太陽系フィルタがイイ!

Pocket
LINEで送る

Google フォトにアップロードした写真を編集機能を使ってレタッチしてみました。

東京モーターサイクルショーで撮影、カメラは、ソニーα7IIでレンズはY/C Zeiss Planar T* 50mm F1.4です。

基本編

暗い写真があったので編集機能を使ってみます

自動を選択すると、スライダーが調整されました。

修正前の写真

自動修正後の写真

更に、ポップスライダー(おそらく明瞭度)と、周辺光量減少も適用

色フィルタ機能

某社で言えばアートフィルターという感じでしょうか?
14種類の「色フィルタ」が準備されています。

色フィルタ無し(自動調整済)

Marsフィルタ

Phobosフィルタ

Deimosフィルタ

Ceresフィルタ

Junoフィルタ

Saturnフィルタ

Mimasフィルタ

Rheaフィルタ

Dioneフィルタ

Arielフィルタ

Tritonフィルタ

Venusフィルタ

Plutoフィルタ

Erisフィルタ

と途中で気づいたのですが、太陽系フィルタという感じですね!

火星、火星の2つの衛星フォボスとダイモス、準惑星ケレス、小惑星ジュノー、土星、土星の衛星ミマスとレアとディオネ、天王星の衛星アリエル、海王星の衛星トリトン、金星、冥王星、準惑星エリス

トリミングと角度調整

Venusフィルタを適用した写真に、13度の傾きを与え、トリミングしてみます。

自動調整+Venus(金星)フィルタ+トリミング+角度調整の結果

ということで、Googleフォトなら、調整やフィルタ、トリミングをして保存してもオリジナルの写真が残されていて、いつでも元の写真に戻すことが出来ます。

写真を調整して「コピーして保存」も出来ますので、今回の作例のようにバリエーションとしてすぐに保存することが出来ます。

このようにGoogle Photosの写真編集機能は、シンプルかつ必要にして十分の機能があり、誰もが簡単に使えるシンプルさが良いですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

コメントを残す