スポンサードリンク

ライブビューが可能なレンジファインダー機「ライカ M」発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライカから新レンジファインダー機 Leica Mが発表されました。

同時発表されたLeica M-Eがエントリー機の位置付けで、M9からのCCDセンサーを使っているのに対して、Leca Mは新たに2400万画素CMOSセンサーを採用、ライブビューと動画撮影機能が追加されています。

また、X2と同じ外付けEVFにも対応。レンジファインダーとして楽しんだり、ミラーレスのようにEVFでも楽しむことが可能になり、ある意味、ハイブリッドなカメラとなっています。

更にEVFやライブビューを活かして、Rマウントレンズの活用まで提案しています。
望遠側はマウントレンズが強力なラインナップになりそうです。

でライカはM10では無くシンプルに“M”という名称にしてきましたね。
iPad3では無く、新しいiPadにしたノリと一緒ということでしょうか?

Leica Mの価格は6,200ユーロ、ドルだと、$8,100です。

一方で、Leica M-Eの価格は$5450ですから、中身がほぼM-9のM-Eはバーゲンプライスということになるのかもしれませんね。

ライカM-Eなら頑張れば??。。。。;;;^^)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル

One thought on “ライブビューが可能なレンジファインダー機「ライカ M」発表

コメントを残す

Error: Access Token is not valid or has expired. Feed will not update.
This error message is only visible to WordPress admins

There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.