スポンサードリンク -

東芝主導でWi-Fi内蔵SDカードが本格普及に

Pocket
LINEで送る

Eye-Fi Shareがブレークさせた、無線LAN機能搭載のSDメモリカードを本格普及させるらしいです。
東芝のニュースリリースページ


現時点のEye-Fi Shareカードに無い機能として、このSDメモリカードを搭載した機器同士での写真データのやり取りを想定しているそうです。
一方で、対象データはJPEGとRAWとなっており、動画関連のファイルの転送は想定されていないようです。

とことでSDメモリカードが他人に渡った時、あるいは、知らない間に無線LAN設定されたSDカードを使った場合のセキュリティ保たれるのでしょうか?

個人的にはSDカードの中に収められた画像を何でも転送しちゃうという仕様は余り好きではありません。
せめてセレクトした画像や、特定のフォルダにある画像を送るような仕様にしてもらえないかなと思いますが、それを実現出来るのは、カメラ本体に無線LAN機能を内蔵する方がスジだと思いますし、カメラ内にある程度の容量があればSDカードが不要になっちゃうかもしれませんね。(ってだから東芝が主導しようとしているのかな?w)

でもやはり、ケーブルでつなぐのが不便なので、Wi-Fi機能をデジカメに追加出来るのは大変魅力的だと思います。

◎Eye-Fi SDHCカード Connect X2 EFJ-CN-4G 4GB 《》

◎Eye-Fi SDHCカード Connect X2 EFJ-CN-4G 4GB 《》

価格:6,000円(税込、送料別)

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

東芝主導でWi-Fi内蔵SDカードが本格普及に」への1件のフィードバック

コメントを残す