スポンサードリンク

コンパクトでキュートなストロボ Canon 270EX

Pocket
LINEで送る

キヤノンがEOS Kiss X3と共に発表した外付けストロボ270EXはかなりイイ感じです。

発売は4月下旬のようですが、既に楽天では予約開始状態で、実売価格とりあえずは1万3千円台となっております。

★キヤノン スピードライト270EX 《4月下旬登場》

ちなみに、事実上旧モデルとなるCanonのストロボ220EXですが、現在でも実売1万5千円。

【送料無料】★キヤノン スピードライト220EX【税込】 220EX(キヤノン) [220EXキヤノン]

ということでスペックを比較してみました。

270EX
・ガイドナンバー 22(ISO100・m)
・対応画角 28mmレンズ相当
・電池 単三乾電池×2
・発光間隔 約0.1秒?3.9秒
・発光回数 不明
・大きさ 64×76.5×65mm
・重量 約145g
・バウンズ あり

220EX
・ガイドナンバー 22/27(ISO100・m)
・対応画角 28mm/50mmレンズ相当
・電池 単三乾電池×4
・発光感覚 約0.1秒?4.5秒
・発光回数 約250?1700
・大きさ 65X92X61.3mm
・重量 約160g
・バウンズ なし

ということで、270EXと220EXは同一のガイドナンバーですが、使用する単三電池が4本から2本になりながらも、発光間隔が短くなるなど性能も向上しているようです。
発光回数は不明ですが、単三電池を余分に2本持ち歩くとすれば、実質220EXより発光回数が稼げるのでは無いでしょうか?

ということで、E-TTL IIにも対応し、2007年発売以降のキヤノンのデジタル一眼レフカメラであればカメラ側コントロールが可能な270EXは、Kiss X3ばかりではなく、そうです、 ビルトインストロボが無い、EOS 5D markIIにもぴったりでは無いでしょうか?
270EXの上は430EX II ですから、普段持ち歩きにはちょっとキツイ。270EXならば、ちょっとした旅行などでもコンパクトに持ち歩けるサイズかと思います。

勿論本格的なスピードライト580EX IIなどをお持ちの方でも、270EX は1万3千円台で購入出来ますからもう1台でも十分元が撮れるかと思います。


【数量限定】キャノンスピードライト 430EX II


【数量限定】キャノン スピードライト 580EX II【送料無料】

Pocket
LINEで送る

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
スポンサードリンク