スポンサードリンク

フルサイズデジタルカメラ3機種比較byImpress

Pocket
LINEで送る

Impress様でフルサイズデジタル一眼レフカメラの比較記事がアップされています。

今回は画質編をお送りする。フルサイズのイメージセンサーはAPS-Cサイズの2倍以上の面積を有する。それゆえ、画素そのものの大きさや画素数など圧倒的に有利で、レンズ本来の画角が掛け値なしにそのまま活かせることとともにフルサイズのメリットとなっている。

ちなみに、楽天での実売価格ですが・・・・
◆SONY α900は25万円台

【送料無料】【即納】Sony α900 DSLR-A900 ボディ【あす楽対応_関東】【あす楽対応_東海】【…

◆NIKON D700は23万円台

★ニコン D700★Nikon ニコンD700ボディ

◆Canon EOS 5D mark IIは25万円弱

CANON(キヤノン)2110万画素 デジタル一眼レフカメラEOS 5D Mark II ボディ(送料無料)

◆ダイナミックレンジ拡大機能
・一番効果の高いのがα900のDレンジオプティマイザーだろう最大の「レベル補正5」で不自然なほどフラット。「スタンダード」では他社に先駆けて搭載したメーカーのものだけで自然。
・D700のアクティブD-ライティングの効果は、ほかに比べはるかに穏やかで、むしろ安心して使える
・EOS 5D Mark IIはオートライティングオプティマイザと高輝度側・階調優先の2つを持つが、高輝度側・階調優先でオートライティングオプティマイザの効果がほとんど反映されない、同時に使えないのが残念

◆仕上がり設定
・α900は13種類もの設定があり、数だけでは群を抜くが混乱しそう
 スタンダードでは、色にコクがあり特に青系の色が強めに表現される絵づくりとなる
・D700はは4種類でシンプルだが不足は感じられない
 スタンダードはパッと見を重視した絵づくり鮮やかでコクのある色調で緑系と赤系の色にその傾向が強いく、万人向け。
・EOS 5D Mark IIは保存した設定がすぐ呼び出せるので便利
 スタンダードは緑色を中心にやや色褪せた感じ。風景などでは物足りなく感じそう

◆高感度
・ISO3200までならD700とEOS 5D Mark IIはよい勝負、α900はノイズでは苦しい。
・D700はディテールの描写が一歩上手。立体感もよく出ている
 ISO6400でもノイズレベルは依然低い
 拡張でISO100を選ぶと若干白飛びに弱くなる
・EOS 5D Mark IIはISO3200でいきなりノイジー に。ノイズリダクションが効いていると思われるが、ディテールも損なわれている様子はない
・α900は他と比較すると厳しいがこれまでのデジタル一眼レフとの比較では充分に対抗できる
 拡張機能ISO100でもハイライトが飛んでしまうようなことが無く、ISO200よりもダイナミックレンジが広く階調も豊か

◆遠景
・画素数の違いはあるが3機種とも十分精細感のある描写
・その中でも更に精細感が高いのはα900
・EOS 5D Mark IIもα900に負けず劣らずの描写
 やや緑系の色の再現性が地味に感じる
・α900もEOS 5D Mark IIもブレが描写に大きく影響する
 なるべく三脚を活用するのがキモといえるだろう。
・D700は、精細感では苦しいが、画素数を考慮すれば文句のない
 倍率色収差軽減機能の効果も高く周辺部の画像もしまった描写
 A2ノビサイズまでのプリントであればまったく問題はない

◆その他の機能
・D700の倍率色収差低減機能の効果は高く、実用的な機能である。
 ヴィネットコントロールは穏やかな効きだが自然な感じに仕上がる。
 古いレンズを活用するには必須
・EOS 5D Mark IIの「周辺光量補正」はD700のヴィネットコントロールより数段強め。EOS Utilityで自由に変更することが可能なのは便利

◆まとめ
・α900
 Dレンジオプティマイザーとクリエイティブスタイルで自分好みの画像を得ることができる。
 高性能な光学ファインダーとカールツァイスのレンズも魅力
・D700は画素数は少ないが、実用として充分以上。
 倍率色収差低減機能とヴィネットコントロール機能は過去のニッコールレンズで重宝
 イズレベルは圧倒的
 ピクチャーコントロールはシンプルで分かりやすい。
 最も重く大柄なボディであるが、上質なつくりはファンなら納得
・EOS 5D Mark IIのノイズレベルはオーバー2,000万画素ながらISO3200なら低い
 画像の精細感が高い
 ピクチャースタイルも比較的シンプルで選択しやすい
 メカ的な面白さやマニアックな部分は少ない
 画像や操作性から安心して使えるカメラ

ということです。

写真の楽しみを味わい方はα900、モノを持つ喜びや完成度ならD700、総合力とバランスならEOS 5D mark IIといったとこでしょうか?

また、この中で1千万画素台のD700が精細度の面でも大変検討していたことが印象的です。
フルサイズで2000万画素を超えるになり、そろそろ画素数の増加は、たとえば高感度性能とのトレードオフになる代わりに、得られるメリットも少なくなりそうですね。

ちなみに、そんなD700は一瞬ですが21万円の脅威の価格が付けられていましたから、運よくそんな価格を見つけたら絶対買いなのでは無いでしょうか?(^^;

NIKON(ニコン)1210万画素 デジタル一眼レフカメラD700 ボディ(送料無料)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル