スポンサードリンク

プロカメラマンのフルサイズデジタル一眼レフの使い方

Pocket
LINEで送る

キヤノンのプロ用デジタル一眼レフEOS 1D MarkIIIとそのフルサイズ版EOS 1Ds MarkIIIをプロカメラマンの方が比較しどのように使いこなすか?の興味深い記事がアップされています。

【レビュー】プロから見たキヤノン EOS-1Ds Mark III (1) キヤノンのダブルフラッグシップ | 家電 | マイコミジャーナル
昨年、キヤノンから35mm判フルサイズCMOSセンサーを搭載したプロ向けのデジタル一眼レフ「EOS-1Ds Mark III」が発売された。筆者は「EOS-1D Mark III」を常用しているが、さらなる画素数が必要になり、EOS-1Ds Mark IIIを購入することになった。そこでEOS-1Dユーザーから見たEOS-1Dsをレポートしたいと思う。

EOS 1Ds MK3はデジカメ オンラインで\735,000

Canon EOS-1Ds Mark III ボディ [即納できます]

1D MK3はネイチャーランドKYOEI様で\369,800

【在庫あります!即納可能!】キヤノン Canon EOS-1D MarkIII ボディ※カード不可商品

レポート記事を要約させていただくと、、、
・1Dsは周辺光量落ちが発生しているがF8程度まで絞ればほとんど目立たなくなる
・1DではF4やF5.6でも周辺光量落ちはほぼ気にならない
・周辺光量落ちはDPPなどソフトで補正できる
・歪曲収差歪曲収差は画角の広い1Dsの方が目立つ
・DPPでの歪曲収差の補正も出来る
・1Dsで解像力チャートの限界値である2000TV本超2600TVくらい
・1DsでEF 24-70mm F2.8LのF2.8ではまるで像が結像していないような写りに
・回折現象が無いF8?11が最もシャープF22になると像が甘くなる
・EF16-35mm F2.8L IIも1Dsで使用するとやはり周辺が流れやすい
・1Dsの周辺光量落ちはEOS 5Dよりもずいぶん少ないように思う
・A4見開き(断ち切りA3ノビ以上)や広角が必要な場合1Dsを利用、それ以外は1Dで使い分けている
・2110万画素1Dsの解像力は1Dや他社製を含むデジタル一眼レフを大きく凌駕
・DPPなどのRAW現像ソフトで補正はできるが多少なりとも画質は劣化する
・これからのレンズ開発に期待したい

とのことで、プロはこの2台を有効に使い分けていらっしゃるようです。
たいへん参考になりますが、EOS 1Ds MarkIIIはとてもじゃないけど買えないっす。。。
せめてEOS 5Dの価格を調べてみました。
アライカメラ様で

【数量限定割引】【送料無料】【即納】Canon EOS 5D ボディ /デジタルカメラ

EOS 5Dの価格はかなりこなれてきましたが、その後継と思われるEOS 7D?あるいはEOS 3Dの発表はいつか気になるところです。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ

楽天トラベル