スポンサードリンク

大口径超広角ズームレンズの決定版「ゼロ・ディストーション」シグマ 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 開発発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIGMAのプレスリリースより、超広角レンズ 14-24mm F2.8 DG HSM | Art の開発発表が行われました。
対応マウント:シグマ、ニコン、キヤノンということです。

プレスリリース

「ゼロ・ディストーション」の14mm から始まる究極の大口径超広角ズームレンズ、SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Artの開発を発表致します。
Via : SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 開発発表 | プロダクト | SIGMA|株式会社シグマ

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art
SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Art

 

製品情報ページ

  • Φ80mmクラスのグラスモールド非球面レンズ加工技術の確立により実現した超広角レンズ
  • ゼロディストーションを実現し、5000万画素クラスのフルサイズフォーマット機に対応。
  • FLDガラス3枚、SLDガラス3枚、大口径非球面レンズをはじめとした非球面レンズを3枚使用
  • 円形絞り
  • スーパーマルチレイヤーコートの採用
  • カメラ側の「レンズ光学補正」に対応
  • 防塵防滴機能
  • フルタイムマニュアル機構
  • 高精度、堅牢な真鍮製バヨネット・マウント

 

仕様

レンズ構成枚数 11群17枚
画角(35mm判) 114.2° – 84.1°
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最小絞り F22
最短撮影距離 26cm*(*24mm時の値)
最大撮影倍率 1:5.4
最大径 × 長さ Φ96.4㎜ × 135.1㎜
質量 1,150g

 

中村 航 先生の作例とインプレッション

  • 描写
    • 臨場感を生む圧倒的な描写性能
    • 開放で実にシャープな像を結ぶ
    • 質感がよく再現されている。立体感もある
    • 硬すぎず階調再現も滑らか、ヌケの良さも感じる
    • キレも凄い、コントラストは高く、かといって階調が詰まったりすることもなく滑らか
  • 収差
    • 妙な像の流れは周辺まで認められず、サジタルコマフレアもきっちり抑え込まれていた
    • 嫌なフリンジなどは出ない
    • 周辺減光は認められるが、絞り込めば問題ない
    • 直線がしっかり直線で写ることに感動
    • 星がきちんと「丸」に写る
  • 使い勝手
    • 14mmスタートのF2.8超広角ズームという存在は、作画自由度を高めてくれる存在
    • ズームリングを回せるということは、本当にありがたい
    • 振り回すには少し大きなレンズだが画質の良さと相殺
  • まとめ
    • ちょっと見たことのない描写をする超広角ズーム
    • 使っていて楽しい。「何を撮ろうか」という気にさせてくれる
    • 単焦点だから、ズームだから、そんなことを忘れてしまう素晴らしい描写
    • プロフェッショナルの現場で信頼を寄せられる写り

インプレッションや作例を見る限り、SIGMAのArtシリーズレンズにはハズレ無し(^^;という感じですね!
sd uattro Hと組み合わせても広角が楽しめそうです。

 

またVR撮影時のマルチカメラ撮影でレンズ同士が干渉しないようにするという、フロント交換サービスも同時発表されています。

SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Artのフロントの一体型花形フードを、遮光部分をカットした円形の専用部品に交換することで、マルチカメラ撮影におけるレンズ同士の干渉を最小限に抑えられるようカスタマイズしていただけるサービスです。
Via : フロント交換サービス | レンズ | SIGMA GLOBAL VISION

やはりVR用として超広角レンズの需要があるようで、発表と同時に対応サービスを発表されているのもユーザーの要望を製品に反映するシグマらしい対応ですね!

 

各メディアの記事

 

35mmフルサイズ対応を意味する「DG」を冠した広角ズームレンズ。ズームレンズとしての究極の超広角レンズを目指した製品だといい、ズーム全域で開放F2.8の達成、最小限に抑えた歪曲収差など、全焦点域・撮影距離で高画質を達成した”大口径超広角ズームレンズの決定版”としている。
Via : シグマ、大口径超広角ズーム「14-24mm F2.8 | Art」を開発発表 – デジカメ Watch

「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM」は、シグマレンズのArtラインに属する、大口径超広角ズームレンズ。5,000万画素を超える高画素デジタルカメラでの使用を前提に設計されており、ズーム全域でF2.8の明るさを持つ。
Via : シグマ、14mmからの大口径超広角ズームレンズ「SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM」 | マイナビニュース

レンズ第一面の大口径非球面レンズなど、レンズパワー配置の最適化により、歪曲収差を1%以下(無限遠にて)に抑えた点も特徴。フレア・ゴーストについても、設計時からシミュレーションを行い、超広角レンズとして高いレベルで抑制するとのことだ
Via : 価格.com – シグマ、大口径超広角ズームレンズ「14-24mm F2.8 DG HSM」開発発表

Sportsラインと同様に、マウント接合部、マニュアルリング、ズームリングや外装部の接合部などにシーリングを施した防塵防滴性の高い構造により、天候に左右される事なく撮影が可能。レンズ最前面には撥水防汚コーティングを採用しており、レンズ表面のメンテナンスも容易に行える。その他の特徴、主な仕様は以下の通り。
Via : シグマ、ズーム全域F2.8の大口径超広角ズームレンズ「14-24mm F2.8 DG HSM | Art」を発表 – PRONEWS

株式会社シグマは2月9日、同社レンズのカスタマイズサービス「14-24mm F2.8 DG HSM | Art フロント交換サービス」を予告した。開始時期は未定。
Via : SIGMA 14-24mm F2.8 | Artの「フロント交換サービス」が予告 – デジカメ Watch

株式会社シグマは、VR映像制作などで行われるマルチカメラ撮影を行うユーザー向けのサービス「14-24mm F2.8 DG HSM | Artフロント交換サービス」を発表した。サービス開始予定日は未定。サービス料金は税込20,000円(送料別、専用キャップ「LC964-02」付き)。
Via : シグマ、SIGMA 14-24mm F2.8 DG HSM | Artフロント交換サービスを発表 – PRONEWS


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Amazon アソシエイト


関連コンテンツ
楽天トラベル

One thought on “大口径超広角ズームレンズの決定版「ゼロ・ディストーション」シグマ 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 開発発表

コメントを残す