スポンサードリンク

DPReviewが選ぶ2017年ベストバイカメラ($1000以下部門)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DPreviewの今年のベストカメラバイヤーズ・ガイドシリーズ、第二弾は1000ドル以下クラスです。
今年販売されているカメラの中からDPreviewがオススメのカメラは何になるのでしょうか?

栄冠を得たのはNikon D5600

NIKON D5600
NIKON D5600
  • 高性能のAFシステムを持ち、JPEG撮って出しの画質が抜きん出ており、RAWファイルでも印象的な画質を出すことが出来る、小型かつ軽量で様々な用途に使えるカメラ。
  • 直感的かつ容易な操作が出来るユーザーインターフェース、タッチスクリーンで簡単な操作が出来、更に、Bluetooth と Wi-Fi経由でのスマートフォンとの常時接続機能を持つ。
  • 特筆すべきなのは強力なバッテリーライフ、1080/60pでの動画撮影(4Kでは無いが)、大型の3.2インチの可動液晶や快適なグリップも備えている。
  • 加えて、60年間継続されているNikon Fマウントであることも重要である。

次点はOlympus OM-D E-M10 III

Olympus OM-D E-M10 Mark III
Olympus OM-D E-M10 Mark III

 

  • 今回のリストの中でNiko n D5600は最も洗練されたカメラである、しかしOM-D E-M10 IIIは最も多才でスタイリッシュなカメラである。
  • JPEGとRAW共に素晴らしい画質、4K動画も見栄えが良く5軸手ブレ補正によって手持ちでのビデオ撮影(勿論静止画も)を容易にこなすことが出来る。
  • シングルショットモードでのAFは信頼できるが、動いている被写体に対しては信頼性が低くなる。
  • トッププレートのデュアルダイアル、可動液晶とカスタマイズ可能なボタンによって多くのユーザー設定が可能になるのはこの価格帯では異例であるが、このカメラの設定を最大限に活用するような方には適しているが、初心者はそれに圧倒されることになる。
  • その他の機能としては、高解像度のOLEDビューファインダーとWi-Fiも挙げられる。
  • マイクロフォーサーズシステムも最も大きなアドバンテージは、オリンパスだけでは無くパナソニックや他のサードパーティにより膨大なレンズを選択出来ることにある。

 

ノミネートされた今年の製品

Nikon D5600

  • お気に入りのポイント
    • ワイドダイナミックレンジの抜きん出た画質
    • コンパクトなボディと持ち易い形状のグリップ
    • 可動LCDでAFポイントを選択出来る
    • 印象的な被写体追従性能
  • 好ましく無いポイント
    • セカンドコントロールダイアルが無い
    • ボタン類がやや小さい
    • 動画撮影は絞り設定が無く、オートISOとなる
    • バッファー容量が限られている

Olympus E-M10 III

  • お気に入りのポイント
    • 人間工学に優れていること、ツインコントロールダイアルを搭載していること
    • 5軸手ブレ補正
    • 4K動画機能が良好
  • 好ましく無いポイント
    • メニューシステムが複雑過ぎる
    • 連写及び動画撮影におけるコンティニュアスAF時は競合と比較するとタイムラグがある

Canon EOS 77D(EOS 9000D)

  • お気に入りのポイント
    • 良好な画質と色再現性
    • 洗練されたライブビュー
    • 良好な人間工学とコントロール
  • 好ましく無いポイント
    • ビューファインダーが小さい
    • 4K動画撮影機能が無い

Canon EOS M6

  • お気に入りのポイント
    • 高品質の2400万画素イメージセンサー
    • シンプルなタッチスクリーン操作
    • フレームの80%を占めるAF制御ポイント
  • 好ましく無いポイント
    • バッテリーライフが短い
    • 背面液晶を自撮り時の180度にするとスクリーンが100%見えていない
    • 動画が1080pである

Canon EOS Rebel SL2 (EOS 200D / EOS Kiss X9)

  • お気に入りのポイント
    • JPEGの色再現性が抜きん出ている
    • デュアルピクセルAFによる素早いAFと良好な被写体追従性能
    • 複雑な設定を容易に行うように出来るアシスト機能
  • 好ましく無いポイント
    • ビューファインダー使用時の動体補足性が貧弱
    • ディフォルト設定ではJPEGがややソフト
    • USB経由で充電が出来ない

Canon EOS Rebel T7i (EOS 800D / EOS Kiss X9i)

  • お気に入りのポイント
    • ビューファインダー及びライブビュー両方でレスポンスがとても良い
    • 役に立つガイドモード
    • 動画が簡単に撮影出来る
  • 好ましく無いポイント
    • Wi-Fi接続がややこしい
    • 動画が1080pの解像度しか無い
    • 光学ファインダーとライブビューで別の設定となる

Fujifilm X-T20

  • お気に入りのポイント
    • 素晴らしい画質
    • ソリッドなデザインと人間工学
    • 高解像度のEVF
  • 好ましく無いポイント
    • AFは被写体追従や低照度の補足性能に一貫性が無い
    • 4K動画は改善の余地あり
    • オートモードのスイッチとFn釦の配置がおかしい

Panasonic Lumix DMC-G85(DMC-G8)

  • お気に入りのポイント
    • 1600万画素センサーによる良好なRAW画質
    • 4K動画撮影時でも作動する5軸手ブレ補正
    • 素晴らしいAF性能
    • 防塵防滴
  • 好ましく無いポイント
    • 撮って出しのJPEG画質は改善すべき
    • ヘッドホン出力が無い
    • 可動液晶によってマイクロフォン入力が遮られること

Panasonic Lumix DMC-GX85(DMC-GX7 Mark II)

  • お気に入りのポイント
    • 新設計のイメージセンサーによってより解像度の高いカメラとなった
    • 4K動画撮影時でも作動する5軸手ブレ補正
    • 堅牢な作り、多くのカスタマイズ可能な操作系
  • 好ましく無いポイント
    • 撮って出しのJPEG画質は改善すべき
    • 動画撮影のためのヘッドホンジャック及びマイクロフォンジャックが無い

Panasonic Lumix DMC-GX850(DC-GF9)

  • お気に入りのポイント
    • 素晴らしいタッチインタフェース
    • 本当にコンパクトであること
    • AFは高速で正確
  • 好ましく無いポイント
    • 撮って出しのJPEG画質は改善すべき
    • ボディ内手ブレ補正が無い
    • ファインダーが無い

Pentax K-3 II

  • お気に入りのポイント
    • 多くのカスタマイズが可能なコントロールを持つ素晴らしい人間工学
    • 堅牢、防塵防滴構造
    • 高速の連写性能
  • 好ましく無いポイント
    • AFシステムのラグは競合よりやや劣る
    • 動画の画質は競合よりやや劣る
    • GPSの追加によってポップアップフラッシュが失われた

Pentax K-70

  • お気に入りのポイント
    • 大きく、明るいビューファインダー
    • ボディ内手ブレ補正
    • ツインコントロールダイアル
    • RAWでの良好なダイナミックレンジ
  • 好ましく無いポイント
    • 比較的重い
    • 競合に劣るバッテリーライフ
    • 限られたバッテリーライフ

Sony α6300

  • お気に入りのポイント
    • JPEG及びRAWの画質共に素晴らしい
    • 最先端のAFシステム
    • 素晴らしい操作性で4K動画が撮影出来る
  • 好ましく無いポイント
    • AFポイントの選択が紛らわしい
    • カメラ内RAW現像が搭載されていない
    • 混乱するメニューシステム

いかがでしょうか?

1000ドル以下は画質と価格のバランスがとても良い機種が揃っていてどれを選んでも間違い無さそうですね。

ミラーレスカメラが台頭するこの時代ですが一眼レフカメラ好きな方にはD5600に加えて、PentaxK-3IIも良い選択だと思います。

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

One thought on “DPReviewが選ぶ2017年ベストバイカメラ($1000以下部門)

コメントを残す