スポンサードリンク

フジフイルム GFX 100Sは1億画素でボディ内手ぶれ補正登載?、GFX 50Rはレンジファインダースタイルの中判カメラ?(FR)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

fujirumorsにGFXの次のモデルに関する噂が掲載されました。

The Fujfilm GFX 100S is currently scheduled for 2019 (and not 2020).

Via : Fujiflm GFX100S with IBIS, Release in 2019 and Expected Price About as Much as Hasselbald X1D – Fuji Rumors

  • 現時点ではFUJIFILM GFX 100Sが2019年に予定されているそうだ(2020年にはならない)
  • ソースによれば価格はHasselblad X1D ($9,000)に近いものになる(但しその価格は大きく誤差があるかもしれない)
  • 更に、話半分だがボディ内手ぶれ補正が登載されることも聞いているそうだ

2019年ということでまだまだ先の噂ですが、GFX 100Sのネーミングからするとやはり次は1億画素の中判センサーが登載されるのが妥当なような気がします→こちら

更に、中判初のボディ内手ぶれ補正が登載されるとなると、これは画期的なカメラになりそうですね!!

また個人的には2019年頃にはGFX 50Sが手の届く価格になっていればとても嬉しいのですが;^^)加えてそんな私に希望が持てる噂も、、、、

Yep, Fujffilm will do it… they will launch a rangefinder-like version of the Fujifilm GFX 50s, the Fujifilm GFX 50R 🙂

Via : Fujifilm GFX 50R on Fuji’s Internal Roadmap for 2018/2019 – Fuji Rumors

レンジファインダースタイルのFujifilm GFX 50Sを出すだろう
名称からすると5000万画素だろう
発表は2018年〜2019年になると予測する

レンジファインダースタイルになるということはファインダーはどのような形式になるのでしょうか?
また価格はどのようになるのでしょうか?

こちらも楽しみです!!

 

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す