スポンサードリンク

ハッセルブラッドが中判ミラーレス用XCDレンズに5本の追加を発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Hasselbladが公式ページで中判ミラーレスカメラX1D用の新XCDレンズ5本を新たに発表しました。

The Hasselblad XCD lens range keeps growing, and we are pleased to announce the XCD 135mm and 80mm, expanding to a total of nine lenses for the X1D. By end of 2018, X1D users will have a wide range of lens options to maximize their creative vision.
Via : XCD lens range expanded to a total of nine lenses – ニュース – Hasselblad

Hasselblad XCD レンズ
Hasselblad XCD レンズ

今回発表されたのは以下5本のレンズ

  • XCD 135mm f/2.8
    • 1,7xとの組み合わせで230mm f/4.8
  • XCD 21mm f/4 超広角レンズ
    • 当初22mmでアナウンスしていたレンズを21mmレンズとして正式発表
    • レンズシャッター内蔵でフラッシュシンクスピード1/2000が可能
  • XCD 35-75mm f/3.5-4.5 ズームレンズ
  • XCD 65mm f/2.8
  • XCD 80mm 大口径レンズ
  • これらの新レンズは2018年前期の発売を予定

ということでXCDレンズは合計9本のラインナップとなりロードマップが公開されています。

Hasselblad XCD Lens Roadmap
Hasselblad XCD Lens Roadmap

一方の富士フイルムのGFXシステムのGマウントレンズは、現在単焦点レンズが5本で、ズームレンズが1本で2018年には1本の250mm望遠レンズとテレコンが追加され計6本+テレコン1本となります。

Fujifilm 「GFレンズ」の開発ロードマップ
Fujifilm 「GFレンズ」の開発ロードマップ

つまり、Hasselbladの9本+テレコン1本のラインナップの方がより多くのレンズをリリースすることになりますので、これまでX1Dの弱点として指摘されていたレンズラインナップ問題は2018年には逆転ということになりそうですね!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す