スポンサードリンク

ソニーα7RIIIが出た!α7RIIとスペック比較すると(個人的に)衝撃の結果がっ、、、

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

いやぁ〜 SONY α7R IIIがとりあえず発表されましたね!
発売は11月25日で、10月31日10時からソニーストアで先行予約ということです。

昨日発表だったのでこの記事にはかなり出遅れ感(^^;があります。

決してα7RIIユーザーとして落ち込んでいたからではありません(^^;が(まぁよくある仕事が忙しかったという言い訳)、、、、

で当初は画素数が同じでAFが進化した、、、くらいに思っていたのですが情報を整理してみると愕然としてしまいした。。。。

 

まずはソニー公式ページには未だ詳細スペックは出ていませんが、これまで出て来た情報をまとめてみました。

製品情報ページ

公式サンプルイメージ

プロモーションビデオ

 

こちらは海外向けプロモーションビデオ

各メディアが公開しているビデオ

Sony | Camera Channel: Sony | α | α7R III High resolution 4K

 

B&H : First Look | Sony Alpha A7R III and FE 24-105mm f/4 G OSS Lens

Jared Polin : Sony a7R III “Hands On” First Impressions

Sony a7R III @ 10 FPS | The Fastest Mechanical Shutter In A Sony Full Frame Mirrorless Camera

dpreview com : The Eye AF feature on the Sony a7R III is seriously impressive.

dpreview com : Here’s the Sony a7R III shooting at 10 fps

Three Blind Men and An Elephant Productions : Sony a7r III Hands On: NOW I’m in TROUBLE

でこちらが、肝心のSONY α7R IIIとα7R IIとの比較ビデオ

その結果をまとめてみるとこんな感じ

α7RIII α7RII
発表日 2017年10月25日 2015年6月10日
センサーサイズ 35.9x24mm 35.9x24mm
センサータイプ 裏面照射CMOS 裏面照射CMOS
イメージプロセッサー Bionz X Bionz X
有効画素数 約4200万画素 約4200万画素
手ぶれ補正 5軸センサーシフト 5軸センサーシフト
静止画 7952×5304 7952×5304
動画 4K UHD 30p 4K UHD 30p
連写 10コマ/秒 5コマ/秒
ISO 100-32000 100-25600
拡張 50-102400 50-102400
ファンだ EVF EVF
視野率1 100% 100%
倍率 0.78x 0.78x
解像度 368.8万画素 235.9万画素
リア液晶 可動式 可動式
スクリーン 3型 LCD 3型 LCD
解像度 144万画素 122.8万画素
タッチスクリーン Yes No
AFポイント 425点 399点
マウント ソニーE ソニーE
シャッタースピード 1/8000〜30s 1/8000〜30s
Xシンク 1/250s 1/250s
内蔵フラッシュ なし なし
USBインタフェース USB3.1 5GB/sec USB2.0 480MB/sec
無線 Wi-Fi + NFC Wi-Fi + NFC
外部マイクポート
ヘッドホンジャック
メモリスロット 2スロット 1スロット
メモリ SDXC UHS-II SDXC UHS-II
サイズ 127x96x74mm 127x96x60mm
室呂 657g 625g
バッテリライフ 650ショット 290ショット

 

α9を継承した脅威のAF性能に加え、4000万画素以上で10コマ秒の連写!そんな高性能なのに、バッテリライフが2倍以上に!

そして、プロが必須のデュアルメモリスロットに(α7IIではバッテリ2個付属するくらい撮影枚数が弱天でしたね)。
タッチスクリーンも便利そうです。

高速連写のα9と高画素のα7RIIIとしてもうプロの方使い分けするカメラとして、もうこれってα9R なんじゃないのっていうことですよね(^^;

SONYじわっと強烈に攻めているなぁw

 

各メディアの記事

 

α7R IIIの大きな特徴として「約4,240万画素×約10コマ/秒」という高解像度と連写速度の両立がある。Aマウント機には約4,240万画素×最高約12コマ/秒のスペックを持つ「α99 II」があるが、α7シリーズで高解像度と連写を両立させたモデルは初めて。
Via : ソニー、4,240万画素×秒間10コマ連写の「α7R III」 – デジカメ Watch

2015年8月に発売した「α7R II」の後継機種。α7シリーズ3機種のうち、「高解像度優先」の方向性を採るモデルです。センサーは有効4240万画素のExmor R CMOSで画素数は据え置きながら、ボディ内手ブレ補正、AF性能、連写性能、常用ISO感度、4K動画関連機能の向上などを施しています。
Via : ソニー、フルサイズミラーレス「α7R III」発表。従来比2倍のAF精度と10コマ/秒の高速連写を実現 – Engadget 日本版

ソニーがフルサイズミラーレス一眼、α7R IIIを発表しました。市場想定価格は約37万円前後。発売は11月25日です。
Via : ソニー、α7R IIIを発表。高解像度をフルに活かすためのアップデート | ギズモード・ジャパン

α7Rは、35mmフルサイズのCMOSセンサを搭載したミラーレス一眼カメラ。ファストインテリジェトAFを実現した「α7R」、4K動画撮影に「ファストハイブリッドAFを加えた「α7R II」をリリースしている。
Via : ソニー、フルサイズミラーレスカメラに高速連写機能を備えた「α7R III」–4K HDR対応も – CNET Japan

’13年発売の「α7R」、’15年の「α7R II」に続く第3世代モデルで、高画質化や高速連写性能、AF性能を強化。新たに4K HDR対応など動画撮影機能も向上している。また、リレー記録や同時記録できるデュアルスロットや、モバイルバッテリ給電対応のUSB Type-C端子も採用した。
Via : 4K HDR動画対応の「α7R III」。AF追従強化、デュアルスロット。24-105mm F4レンズも – AV Watch

エリア分割ノイズリダクションの進化により、使用頻度の高い中感度域では約一段分(静止画の拡張感度設定時)のノイズ低減を実現するほか、一新した画像処理システムにより、ポートレート撮影における肌色の再現性が大幅に向上。システム内での16ビット画像処理に加えて、新たにサイレント撮影(サイレント撮影:入、電子音:切の時に有効)時や連続撮影時の14ビットRAW出力(圧縮RAWでの連続撮影時、BULB撮影時、長秒時ノイズリダクション[入]時は12ビットに制限)に対応することで、表現領域を広げる。
Via : 価格.com – ソニー、システムを一新したフルサイズミラーレス一眼「α7R III」

α7R IIIは、35mmフルサイズセンサーとして裏面照射型構造を採用した、有効約4240万画素のExmor R CMOSセンサーを搭載。常用ISO100~32000、拡張ISO50~102400の感度域をカバー。低感度時は約15段のダイナミックレンジを実現。ディテールリプロダクション技術・エリア分割ノイズリダクションも向上し、中間度域にて約1段分のノイズが低減されているという。
Via : ソニー、4K HDR対応の35mmフルサイズセンサー搭載ミラーレス一眼カメラ「α7R III」を発表 – エキサイトニュース(1/4)


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “ソニーα7RIIIが出た!α7RIIとスペック比較すると(個人的に)衝撃の結果がっ、、、

  • 2017年11月9日 at 11:15 AM
    Permalink

    常用iso感度も上がってませんか?

    Reply
    • 2017年11月9日 at 4:16 PM
      Permalink

      ありがとうございます!青にしました(^^

      Reply

コメントを残す