スポンサードリンク

キヤノンの新50mmレンズは2018年中旬発表?85mmと同じくF1.4L ISになるのか?(CR)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

canonrumorsが、Canonユーザー待望の新EF 50mmレンズに関する情報を掲載しました。
これまで何度も新50mmレンズに関する情報は流れていましたが、今回は最終に近い情報となるのでしょうか?

We’re told by a very good source that Canon will finally address the 50mm focal length in 2018. There are apparently two prototypes currently being tested by select photographers.
Via : Here We Go Again, New 50mm L Coming in 2018 [CR2]

  • 良好なソースから50mmの焦点距離を持つレンズが2018年に予定されているという情報が伝えられて来た。
  • 選ばれたフォトグラファーによって2種類のプロトタイプがテストされていることが明らかになっている。
    • そのうちの1本はEF 50mm F1.4 IS USMレンズでEF 85mm f/1.4L IS USMと並行で開発されていたということだ。
    • 一方、もう1本の50mmについては伝えていない。
  • アナウンス日は2018年の中旬のどこかに設定されているようだが、製造準備の理由から遅れる可能性もある。
    • よってこれまで何度も50mmレンズに関する情報を掲載したが、今回の情報も完全に心地良いものでは無い。
  • このソースは、過去設計されていた大口径50mmレンズは製造側の新技術の理由から廃止され、キヤノンが用いている新デザインに進化したということも語った。
  • 我々は、新85mmの場合と同じように、F1.2Lバージョンをそのままにして、50mmにF1.4L ISを追加しすることに驚いている。
  • 25年の歴史を持つEF 50mm F1.4を廉価版として残することはショックでは無い。F1.4L ISが約$999であればそれらのラインナップ中に上手く収まるだろう。

もしこの情報が正しければ、来年にはキヤノンのEF50mmレンズは、F1.2L USM、F1.4L IS USM、F1.4 USM、F1.8 STMという多彩なラインナップになりそうですね。

 

 


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す