スポンサードリンク

iPhone X / iPhone 8 Plus / iPhone 8 のカメラの進化は?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日未明にアップルが本社のスティーブ・ジョブズ・シアターでiPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone Xの発表を行いました。
iPhone 7ユーザーでもあるDmaniax的に最も気になるのは勿論カメラですが、進化ポイントを調べてみました。

iPhone Xのカメラ

  • 1200万画素デュアルカメラ
  • f/1.8及びf/2.4レンズ → iPhone 8 Plusはf/1.8とf/2.8レンズ
  • 両カメラ共に手ぶれ補正が登載という情報もあり → iPhone 7 Plus では望遠側非搭載
  • 大型センサー登載→iPhone8よりもセンサーが大型なのか?
  • 新カラーフィルター→詳細不明
  • Deeprt pixels

 

iPhone 8 Plusのカメラ

 

  • デュアルカメラ 1200万画素
  • f/1.8及びf/2.8 レンズ
  • 新型イメージセンサー
  • 光学手ぶれ補正

 

iPhone8のカメラ

 

  • 1200万画素 新型イメージセンサー
  • 新カラーフィルター
  • Deeper Pixel → 高感度&ダイナミックレンジが広いということ?
  • 光学手ぶれ補正 → iPhone 7でも登載さている

 

ということで、iPhone Xは高性能のセンサーと大口径レンズが登載されカメラの基本性能を向上。
iPhone 8 / 8 PlusはiPhone 7 / 7 Plusから改良による性能底上げといった感じでしょうか?

加えて純正カメラアプリでは顔認識による部分露出補正のような機能を登載し、よりポートレートがプロっぽく仕上がるそうです。
ただそのサンプルを見ると、若干わざとらしいというか(ry

 

またiPhone Xのフロント側にはフェイスIDのセンサーも含めたセンサーモジュールが集中的に配置されています。

フィエスIDのセンサーは顔を立体的にセンシングして記録しますので、カメラと連動して様々なことが出来るようで、自撮りでも背景ボケが可能になっているようです。

また、ARにもネイティブに対応したことで今後画期的なアプリが出る予感がしますが、その代わり今回は写真としてもカメラ的な進化はそれほど感じられませんでした。

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す