スポンサードリンク

ニコンD850を分解すると、D610、D750、D810より更に堅牢になっていることが判った(NRC)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾のNRCというカメラ機材修理の会社ががNikon D850の分解した解説記事を公開しているということです。

NRC Taiwan has done some amazing Nikon lens restoration work in the past. Logically, the first thing they did after they got their Nikon D850 camera was to take it apart and put it back together.
Via : Nikon D850 DSLR camera teardown: more durable design, | Nikon Rumors http://nrcintw.pixnet.net/blog/post/460096743-%e6%b7%b1%e5%ba%a6%e8%a7%a3%e5%89%96nikon-d850-%e7%a9%ba%e5%89%8d%e9%9d%9e%e7%b5%95%e5%be%8c%e7%9a%84%e4%b8%96%e7%b4%80%e9%8a%98%e6%a9%9f

  • CPUチップは東芝製で台湾で製造
  • D850のフロントパネルはオールマグネシウム合金製
    • D810はレンズリリースボタン部はカーボンファイバー製だったが、D850ではそれがより強固なパーツで構成されている。
  • D850はより信頼性の高い設計となっているNRC社の経験から判断するとこれまでのような発生しないと断言出来る。
    • D600のダスト問題
    • D750のフレア問題や高速シャッターでのエラー問題
    • D800Eのフォーカス問題
    • D810のパネル部強度やレンズリリースボタンが壊れる問題
  • シャッター部の品質
    • 明らかにD600やD750より良くなっている
    • D810と同様の素材が使われているがその品質はD810以上でD850は全金属製となっている
  • フロントパネル部分の品質
    • D600、D750、D810はマグネシウム合金+カーボンファイバー製
    • D800EとD850はフルマグネシウム合金製でより堅牢になっている
    • 但しマグネシウム合金もパーフェクトでは無く、海水や衝撃に弱い傾向がある
  • 作業全体
    • D850の分解作業はとても簡単で楽しかったが、組み立てた後の調整はとても困難である
    • 調整には独自の方法を使い約1時間が必要だった
    • もしそのような調整のノウハウを持っていない場合は分解はご法度であることをアドバイスしたい
  • まとめ
    • Nikon D5の内部設計はD850より更に良いが、それでもD850はD610、D750やD800Eより大幅にアップグレードされている

ニコンの一眼レフは基本的には信頼性が高い一方で、初期にマイナーな品質トラブルが発生することがありましたが、D850ではそれが徹底的に潰し込まれているという感じでしょうか。

この分解記事を見るとやはりプロもターゲットにするカメラの内部は見応えがあるものですね。

icon
icon
ビックカメラ.com : Nikon D850【ボディ(レンズ別売)/デジタル一眼レフカメラ】
icon

icon
icon
ビックカメラ.com : Nikon マルチパワーバッテリーパックMB-D18
icon

icon
icon
ビックカメラ.com : Nikon Li-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL15a
icon

icon
icon
ビックカメラ.com : ケンコーマスターG液晶保護フィルム(ニコンD850専用)KLPMND850
icon

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す