スポンサードリンク

フジフイルムが画期的なRAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」を発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

FUJIFILMがRAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」の開発を発表したということです。

「フィルムシミュレーション」をはじめとした富士フイルム独自の色再現、高速バッチ処理などで 「GFXシリーズ」「Xシリーズ」のRAW現像の楽しみを拡大
Via : 富士フイルム独自の画像処理エンジンにより、RAW現像の高速化を実現 

http://fujifilm.jp/information/articlead_0505.html

  • パソコンとカメラをUSBケーブルで接続し、カメラ側の「X Processor Pro」を使用してRAW現像処理を行う
  • RAW現像のバッチ処理もわずかな時間で実施できる
  • 「フィルムシミュレーション」等独自の色再現も可能
  • 接続しているカメラと同じ機種で撮影したRAW画像のみ現像可能
  • 無償で提供
  • Mac版は2017年11月下旬、Windows版2018年1月下旬に公開
  • 対応するカメラ
    • GFX 50S
    • X-Pro2
    • X-T2
    • X100F

 

素晴らしいポイント

カメラ側の画像処理エンジンを使用するというこれまでに無いコンセプトのRAWソフトということですね。

カメラの小さいモニターでは緻密な画像調整を行うのは難しいと思いますので、パソコンの大画面を利用出来るのが素晴らしいと思います。

比較的低スペックのPCではメリットがありそうですね。

そしてFUJIFILM側としてはRAW現像ソフトは社外製のようなので、今後この方式を主流にすれば、添付ソフトは不要になり結果委託する費用が節約(^^;出来るのかもしれません。

ちょっと残念なポイント

同じカメラのデータでしか現像出来ないのがちょっと残念だと思います。
FUJIFILMを愛用されるユーザーにとっては過去撮影の写真も最新の「X Processor Pro」で現像したいのでは?
次の機種では、そうなれば良いですね。

Mac/PC→カメラ→現像→Mac/PCの転送速度を考えると言うほど速く無いとか(^^;と思いますが、どうなんでしょうか?

そして、この仕組が実現出来るということは、iPad等でも現像パラメーター操作が出来るアプリを開発出来るということですよね。個人的にはこっちの方が欲しいなぁと思います。

というか、他のメーカーも含めてカメラ内現像をiPadのUIで出来る環境を提供して頂ければ絶対に購入しますよ;;;^^)

各メディアの記事

パソコンを使ってカメラにRAW現像させる仕組みにより、「フィルムシミュレーションなど、カメラと同じ色再現が可能になる」、「パソコンよりもRAW現像処理が速い」といったメリットがあるとしている。バッチ処理や現像プロファイルの保存も可能。
Via : カメラを繋いで高速RAW現像できるソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」開発発表 – デジカメ Watch


Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す