スポンサードリンク

「I AM THE D850」 Nikon D850 発表 「その刹那に、かつてない精細を」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

噂通りNikon D850が発表されましたね。
発売日は2017年9月8日予定で価格は40万円前後ということです。

製品情報ページ

Nikon D850
Nikon D850

公式サンプルイメージギャラリー

各スペックはこれまで沢山リークがありましたが、やはりニコンのフルサイズ一眼レフカメラの中で最大となる新設計のファインダーということで、このD850に掛ける意気込みが伝わって来ます。

各メディアの記事

ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」を発売します。なお、「D850」は2017年7月25日に開発発表を行っています。

Via : 有効画素数4575万画素や高速連続撮影性能など、多彩な性能・機能で表現領域を拡げるデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」を発売|株式会社ニコンイメージングジャパンのプレスリリース

2014年7月に発売された「D810」の後継モデル。”高精細な描写と高速連続撮影の両立を実現”するカメラとして7月25日に開発発表されていた。ニコンによると、風景撮影においても鉄道や飛行機といった動く被写体に向けて連写を活用するシーンが少なくないとして、高解像度とともに連続撮影性にも重点を置いたという。

Via : ニコン、有効4,575万画素の35mmフルサイズ機「D850」 – デジカメ Watch

2014年発売の「D810」の後継機種となり、撮像素子は有効4,575万画素のニコンFXフォーマット(35mmフルサイズ相当)の裏面照射型CMOSセンサー。画像処理エンジンに「EXPEED 5」を搭載し、ISO 64~256000までの幅広い常用感度域を実現。ボディ単体で約7コマ/秒の高速連続撮影が行なえる。

Via : 4K UHD/30p動画撮影に対応したフルサイズ一眼レフ「ニコン D850」 – AV Watch

最新の画像処理エンジンである「EXPEED 5」を搭載し、 ISO 64~25600という常用感度を実現。また、ISO 32相当までの減感、 ISO 102400相当までの増感も可能だ。

Via : ASCII.jp:フルサイズ裏面照射型センサー初搭載! ニコンがデジタル一眼「D850」を9月に発売

同社デジタル一眼レフカメラとして初めて、裏面照射型CMOSセンサーを装備したモデル。有効画素数4575万画素と高画素ながら、ISO64~25600の常用感度域を達成し、画像処理エンジン「EXPEED 5」との連携によって、高感度でも鮮鋭感を保ちながら、効果的にノイズを抑制する。ISO102400相当までの増感、ISO32相当までの減感も可能だ。

Via : 価格.com – ニコン、有効4575万画素のフルサイズ一眼「D850」を9/8発売

「NIKON 100TH ANNIVERSARY FAN MEETING 2017 -TOKYO&OSAKA-」サイトにおいて、本日発表したデジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」に関するコンテンツならびに、イベント情報を追加公開いたしました

Via : 「NIKON 100TH ANNIVERSARY FAN MEETING 2017 -TOKYO&OSAKA-」サイトに、デジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」コンテンツとイベント情報を追加公開 – 産経ニュース

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

えr
関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “「I AM THE D850」 Nikon D850 発表 「その刹那に、かつてない精細を」

コメントを残す