スポンサードリンク

ソニー α9はプロが困るほどピント番長(tats@Blog)

Pocket
LINEで送る

フォトグラファー湯浅立志先生のブログでSONY α9を導入された感想をここ数日の記事に書かれています。
α9による撮影のノウハウとなることも多数書かれているので、とても参考になりますね。

カメラの設定もそこそこに、今朝からのロケで使ってみました。
Via : α9でお仕事させて下さい。: tats@Blog

モデル撮影
・AFを外すことが多かったが、顔認識AFオンでほとんどピンは合っている
・AFが効かないときは意図通りとは言えずストレス
・ダブルスロットのEye-Fiカードで、iPadに画像転送をしていけるようになった
・ようやく、ようやく仕事で使えるカメラになった

早速仕事で使ったという話は書きましたが、その時感じた弱点を
Via : α9 ウィークポイント: tats@Blog

日中シンクロでの撮影
・明るい部分に引っ張らファインダーでモデルの表情が分からないのは問題
・撮影条件反映設定すると、余計に暗くなってしまい使い物にならない
・使いこなしに頭を使う

α9で一番気になったこと、それはCanonレンズがどれだけ使えるのか?と言うこと。
Via : α9でCanonレンズ: tats@Blog

メタボーンズの変換アダプターでキヤノンEF70-200/2.8Lレンズでテスト

・AF-Cモードでの追従はそこそこ
・AFポイント固定で一定の速度の車などならまあまあ何とかなるレベル
・ブラックアウトしない設定で被写体を追い続けることもやりやすい
・最高のポテンシャルを出すには純正レンズでないとダメ
・キヤノンを完全に辞めてソニーに行くことは今の時点では考えてない

昨日、CanonレンズでAF-Cモードでの追従がどのくらいか?とテスト撮影したのですが、今日になって思い出しました。

Via : α9でCanonレンズ: tats@Blog

純正レンズFE24-240mm

・ピントはよく合い、あっと言う間に数コマ撮影できてしまう
・ピントのリカバリーがすごい。次のカットには合わせ直す
・ブラックアウトしないので、追いかけ続けることがめちゃくちゃ簡単
・技術革新が腕を補う感じ
・誰でもそこそこに撮れる可能性が高くなるので、素人の参入障壁が低くなる
・50万有ったらニコンD810と良いレンズを買った方がアマチュアには良い

ということで、最新の記事ではプロが困るほどの性能ということで、流石第一戦のプロの方が言われると説得力があります。
ソニーはプロが困る程のものを作ってしまったということですが、今後はこの性能が低価格モデルの方にも与えられることになるのでしょうか?
私個人的にもα7IIのユーザーですのでとても気になります。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソニー α9 ボディ [ILCE-9] 《納期約1週間》
価格:484911円(税込、送料無料) (2017/6/3時点)



関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す