スポンサードリンク

RICOH THETA が4K動画に対応する!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

RICOHの360度全天球かめらがいよいよ4K動画に対応することが発表されました。
NABショーで展示され、2017年中に製品発表ということです。

プレスリリース

このたび、ワンショットで360°の撮影が可能な「RICOH THETA」シリーズ初となる、高画質な360°の4K動画撮影に対応した現在開発中の新機種を、NAB(National Association of Broadcasters)が主催する世界最大の放送機器展「NAB SHOW 2017」(会期:4月22日~4月27日、場所:米国ラスベガス)に参考出品いたしますのでお知らせいたします。
Via : 4K動画対応の360°カメラ「RICOH THETA」シリーズ最新モデルを開発 ~世界最大の放送機器展「NAB SHOW 2017」に参考出品~|RICOH IMAGING

主なスペック

  • 360°の高画質4K30fps動画撮影に対応
  • 4chマイクを内蔵し、360°動画にリンクした空間音声記録が可能
  • 360°の4Kライブストリーミングに利用可能
  • 専用拡張アプリケーションによる機能拡張に対応(AndroidベースOS搭載予定)

4chマイクの搭載が面白そうですね。
モーションセンサーを付けているHMDで360度動画を見る時に(イヤホンを付けて)音声の指向と画像の向きが同期されるということで低価格帯の360度カメラとしてビルトインされるのは画期的かもしれませんね。

また、AndroidベースのOSが搭載されることで、サードパーティが開発するアプリが続々と?出て来るかもしれません。

一方で、本日GoProも単体撮影可能なVRカメラFusionを発表しましたので正にベストタイミングの発表ということですね。

仮に、Fusionも4ch以上のマイクを搭載しているとなると、THETA 4Kは苦戦しそうです。
逆にGoProt側から見るとRICOH THETAが動画にも手を伸ばして来たということで、脅威になるのかもしれません。

THETA 4K?は2017年中に発売ということですので、それに先んじて発売されるGoPro Fusionとどちらを購入すべきか(^^;悩みそうです。

あと、RICOHが個人向けカメラから撤退するかも?というニュースRICOHは否定)を払拭する意味でも良いニュースですね!

各メディアの記事

リコーイメージングは4月21日、4K動画で360度を撮影できる「RICOH THETA」シリーズの新モデルを開発中だと発表した。製品名は未定。2017年中の発売を予定している。
Via : 4Kで360度動画が撮れる“新RICOH THETA”が年内発売へ – デジカメ Watch

リコーイメージングは、360度カメラ「RICOH THETA」シリーズの最新モデルとして、4K動画撮影に対応する新モデルを開発、米国ラスベガスにて4月22日より開催される「NAB SHOW 2017」に参考出品することを明らかにした。
Via : 「RICOH THETA」に4K動画撮影・ライブ配信対応の新モデル – ケータイ Watch

本製品は2017年中の発売を予定しており、製品名は未定。360度の4K/30fps動画撮影に対応することが特徴。4chマイクを内蔵し、360度動画にリンクした空間音声記録も可能となる。
Via : リコー、4K・360度映像が撮影できる「RICOH THETA」をNAB SHOWに参考出展 – Phile-web

従来のハイエンドモデル「RICOH THETA S」では、フルHD(1,920×1,080ドット)/30fpsでの動画撮影が可能だったが、新モデルでは4K/30fpsでの撮影に対応し、360°の4Kライブストリーミングに利用できるという。
Via : リコー、360°カメラ「THETA」シリーズに4K動画対応モデルの開発を表明 | マイナビニュース

リコーイメージングは4月21日、360°全周撮影が可能な「RICOH THETA」の4k対応の新機種を「NAB SHOW 2017」に参考出品する。
Via : リコー、4K対応「RICOH THETA」をショーで公開 – 週刊アスキー

さらに、360度の4Kライブストリーミングに利用することが可能。専用拡張アプリケーションによる機能拡張に対応(AndroidベースOS搭載予定)する。
Via : 価格.com – リコー、4K動画撮影に対応した「RICOH THETA」を参考出品

製品名は未定で、2017年中の発売を予定している。主な特徴は以下のように解説している。なお、上記写真の外装、仕様は最終決定ではないとのこと。
Via : ついに4K/30fpsの動画撮影に リコー、THETAシリーズの新機種をNABに参考出展 – PANORA VR

リコーによると、4K @ 30fps での動画撮影とライブストリーミング、4 つのマイクを搭載し空間オーディオ録音のサポートしています。また、カメラのファームウェアに Android を採用
Via : リコー、VRカメラ「RICOH THETA」でAndroidを採用、4K撮影と空間オーディオに対応した新モデルを年内に発売へ | ガジェット通信

まだ名無しの新型は待望の4K30fps動画撮影に対応。さらに4chマイクを内蔵し単体で空間音声記録に対応するほか、OSがAndroidベースになりTHETA側にアプリを追加して機能を拡張できるようになります。
Via : 新型RICOH THETAは4K動画や4ch空間音声記録に対応、Android搭載でアプリ拡張 – Engadget 日本版

これまで、ワンショットで全天球イメージを撮影できる360°カメラ「リコー・シータ SC(RICOH THETA SC)」などを発表し、カメラ好きの中で話題になってきた「リコー・シータ」。新たに発表されたリコー・シータは、米国ラスベガスで4月下旬に行われる世界最大の放送機器展「NAB SHOW 2017」に参考出品される。
Via : 「リコー・シータ」最新モデル発表 – 高画質な360°の4K動画撮影に対応 | ファッションプレス

 



Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す