スポンサードリンク

富士フイルムが「Xシリーズ」用交換レンズの最新開発ロードマップを公開!望遠単焦点、超広角ズーム、そしてシネレンズ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

FUJIFILMがCP+開幕を前に、最新のレンズ開発ロードマップを発表しました。

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップの最新情報を公開 動画撮影に最適な新シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」も加わりラインアップがさらに拡充
Via : デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップの最新情報を公開 動画撮影に最適な新シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」も加わりラインアップがさらに拡充 : ニュースリリース | 富士フイルム

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップ 20170222
デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの開発ロードマップ 20170222

ロードマップに追加された製品群は以下の2種類ということです

  1.  動画撮影に最適な「MKレンズ」
    • プロの動画撮影に最適な新シネマカメラ用レンズ「MKレンズ」の「Xシリーズ」用マウント(Xマウント)対応製品
    • MK18-55mm T2.9 X Mount
    • MK50-135mm T2.9 X Mount
  2. 2「望遠単焦点レンズ」と「超広角ズームレンズ」
    • XFレンズの新ラインアップとして、プロ写真家や写真愛好家から特に要望の多かった2本を開発

望遠単焦点レンズは200mm〜250mmの間あたりの大口径レンズということになるのでしょうか?
超広角ズームは10mmあたりから始まるズームという感じでしょうか?

そしていよいよFUJIFILMもXマウントによる小型のシネマ製品に参入ということになりそうです。

中版カメラ、そしてシネマレンズあるいはカメラ?にも参入して行くFUJIFILMはまだまだ目が離せませんね!

CP+でこれらのレンズが展示されるとすれば是非見てみたいです。

[amazonjs asin=”4768306756″ locale=”JP” title=”4K 映像制作ワークフロー (玄光社MOOK Digital Cinema Camera serie)”]

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ
楽天トラベル

コメントを残す