スポンサードリンク

『「超高画素時代」に最適化した 最高性能を実現。』シグマ 24-70mm F2.8 DG OS HSM |Artレンズを発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIGMAが待望の新型24-70mm F2.8を発表しました。

発売日と価格は未定ということです。

プレスリリース

「超高画素時代」に最適化した最高性能を実現し、あらゆるシーンに対応したフルサイズ対応の大口径標準ズームレンズの決定版、SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Artを発表致します。
Via : SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art 発表|株式会社シグマ

製品情報ページ

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM
SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM

特長・スペック

  • レンズ構成 14群19枚
  • SLDガラス3枚、非球面レンズ4枚を採用
  • 非球面レンズの表面をサブミクロンオーダーより1ケタ高い精度で加工
  • 補正効果の高い手ブレ補正OS(Optical Stabilizer)機構を搭載
  • 最短撮影距離 37cm
  • 最大倍率 1:4.8
  • 絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
  • 新設計の大型HSMを採用。従来モーターよりも約1.3倍トルク
  • 電磁絞り採用
  • 剛性に優れた鏡筒設計
  • 簡易防塵・防滴構造
  • フィルターサイズ φ82㎜
  • 最大径 × 全長 φ88㎜ × 107.6㎜
  • 重さ 未定

24-70mm F2.8レンズは、カメラメーカー側も最高の技術を投入するレンズですが、シグマがある意味後出しで発表した今回のレンズ、これはやはり相当の自信が無ければ『最高性能』ということを示さない筈ですので、本日発表されたレンズの中では最も注目が集まることになりそうです。

また手ぶれ補正を採用したことで魅力倍増のレンズとなりましたね。

CP+が更に楽しみになりましたが、発売日は未定ということですので、実際に体験出来るのはもう少し後になりそうです。

各メディアの記事

「SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art」を開発発表した。キヤノン用、シグマ用、ニコン用をラインナップしており、いずれも発売時期や価格は未定。
Via : シグマ、フルサイズ大口径標準ズーム「24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art」 – デジカメ Watch

大口径標準ズームレンズとして開放での描写にもこだわっており、ピント面はシャープに描写し、球面収差をわずかに残すことでボケの描写にもこだわっている。開放で使用することが多い大口径ズームレンズでは、ボケの形状も考慮してできる限り円形に近づけている。同レンズには、中央部と周辺部の厚さの比が大きく成型が非常に難しい形状の非球面レンズを使用。非球面レンズの表面をサブミクロンオーダーより1ケタ高い精度で加工することで、非球面レンズで発生しやすい輪線ぼけを低減し、自然なボケ描写に貢献するとしている。
Via : [CP+2017]シグマ、手ブレ補正OS機構搭載の大口径標準ズームレンズ「SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM」を発表 – PRONEWS

最新の超高画素デジタルカメラに対応した光学設計を施した、大口径標準ズームレンズ。SLDガラス3枚、非球面レンズ4枚を採用し、諸収差を補正。特に、点像再現性を悪化させるコマ収差や、絞っても改善されない倍率色収差などを良好に補正することで、画面周辺まで高い画質を実現するという。
Via : 価格.com – シグマ、大口径標準ズームレンズ「SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “『「超高画素時代」に最適化した 最高性能を実現。』シグマ 24-70mm F2.8 DG OS HSM |Artレンズを発表

コメントを残す