スポンサードリンク

「ライト・バズーカ」誕生!シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary発表

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIGMAがフルサイズに対応する新超望遠ズームレンズ、100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporaryを発表しました。

現時点では発売日、価格共に未定ということです。

プレスリリース

小型軽量ボディと最高のパフォーマンスを両立、ワンランク上のフルスペックな機能を搭載し、メインでもサブとしても最高のパフォーマンスを発揮するフルサイズ対応の超望遠ズームレンズ、SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporaryを発表致します。
Via : SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 発表|株式会社シグマ

製品情報ページ

SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

特長・スペック

  • 70-300mmクラスのような小ささ、軽さ、コストパフォーマンスの高さ
  • SLDガラス4枚の採用
  • 手ブレ補正OSユニットを一新し、専用アルゴリズムを開発
  • 直進ズームとしても使用可能
  • 電磁絞り採用
  • 超音波モーターHSM(Hyper Sonic Motor)の搭載
  • レンズ構成 15群21枚
  • 最短撮影距離 160cm
  • 最大倍率 1:3.8
  • 望遠マクロとしても使用が可能
  • 絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
  • フィルターサイズ φ67㎜
  • 最大径 × 全長 φ86.4㎜ × 182.3㎜
  • 重さ 1,160g

まさかの直進ズーム対応ということで、流石シグマさんユーザーの声をちゃんと製品に反映させる姿勢が素晴らしいですね。

これだけで一気に注目度アップのレンズですね!

またフルサイズカメラをお持ちで軽量で1本で済む超望遠レンズが必要な方にとっては、最高のレンズになりそうですね。

各メディアの記事

株式会社シグマは、望遠ズームレンズ「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」を発表した。発売日と価格は未定。キヤノン用、シグマ用、ニコン用を用意する。
Via : シグマ、小型軽量な望遠ズーム「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」 – デジカメ Watch

同レンズは、SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporaryの性能はそのままに、400mmクラスのズームとしてはコンパクトなフィルター径φ67mm、重さ1,160gと小型軽量ボディ。加速度センサーを利用した手ブレ補正OS(Optical Stabilizer)機構、アルゴリズムで高速なオートフォーカスを実現した超音波モーターHSM(Hyper-Sonic Motor)、フォーカスリミッターなどを搭載。SIGMA USB DOCKを使用した拡張性もそのままのフルスペック仕様。
Via : [CP+2017]シグマ、超望遠レンズ「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」を発表。小型軽量ボディの“ライトバズーカ” – PRONEWS

性能面では、素早くズーミングするために、直進式に操作しても問題ないように直進式ズーム対応の内部構造を採用。前後方向の操作感とホールド感を重視し、新規設計の専用フードを装着することで、突然の画角変化にも瞬時に対応する。また、望遠マクロとしても使用可能。最短撮影距離160cm、最大撮影倍率1:3.8を実現し、離れた場所からのクローズアップ撮影ができる。
Via : 価格.com – シグマ、フルスペックで軽量1160gの超望遠「SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

e
関連コンテンツ
楽天トラベル

One thought on “「ライト・バズーカ」誕生!シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary発表

コメントを残す