スポンサードリンク

「M型フィルムカメラのようなスリムなボディ」ライカM10正式発表

Pocket
LINEで送る

これまでの情報通りLeica M10が正式発表されました。
2017年2月発売予定ということです。

特長

  • M型フィルムカメラ並に薄型化されたボディ
  • レンジファインダーは視界を30%広げ、ファインダー倍率を0.73に引き上げ、アイレリーフも50%拡大
  • ISOクリックダイアル搭載
  • 背面にジョイスティックを配置
  • 背面のボタンは「プレイ」、「ライブビュー」、「メニュー」の3つに絞られている
  • ライブビュー時にはフォーカスピーキング表示が可能

主なスペック

  • フルサイズ2400万画素 CMOS イメージセンサー
  • 「LEICA MAESTRO II」イメージプロセッサー
  • ISO100~50000
  • バッファメモリー2GB
  • 縦走りメタルブレード・フォーカルプレーンシャッター 125~1/4000秒
  • 連続撮影約5コマ/秒、最大30~40コマ
  • 大型ブライトフレームファインダー パララックス自動補正機能付き
  • 液晶モニター3.0型TFTカラー液晶モニター 1,036,800ドット
    • カバーガラスは「Corning® Gorilla® Glass (コーニング社のゴリラガラス)」を採用
  • ライカ ビゾフレックス電子ビューファインダー対応
  • ボディ
    • 本体:マグネシウムダイカストのフルメタル製、合成皮革の外装
    • 上蓋および底蓋:真鍮製、ブラッククロームメッキ仕上げまたはシルバークロームメッキ仕上
  • Wi-Fi搭載
  • GPS
    • ビゾフレックス電子ビューファインダー使用時に可能
  • 寸法(幅×高さ×奥行) 約139mm×80mm×38.5mm
  • 質量約660g(バッテリー含む)

M10の最大の特長は、これまでのライカM (TYP262)では厚さ42mmあったのが、一気の33.7mmと薄くなっていることです。

 
薄くなったボディは、ライカらしい使い心地が更に感じられそうですね。
また、薄くなりながらもファインダー性能を向上させたのも素晴らしいです。

プロモーションビデオもアップされています

Matt Stuart – Exploring Brussels with the Leica M 10

Discovering Zanzibar

The Phoblographerがアップしている、ライカStefan Daniel氏による製品説明動画

DPreviewによるファーストルック動画

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す