スポンサードリンク

究極の高画質を実現するプレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100F」発表!予約開始!実売価格は?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士フイルムがX100シリーズの4代目、「FUJIFILM X100F」を発表しました。
事前の予測通り、2430万画素X-Trans CMOS IIIセンサーが搭載されています。

プレスリリース

2430万画素のAPS-C サイズ「X-Trans™ CMOS Ⅲ」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載し、光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)の切り替えが可能な「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」の機能を進化させたプレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM X100F」(以下、「X100F」)を、平成29年2月下旬より発売します。「X100F」は、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100シリーズ」最高の画質と、高速レスポンス・AF性能を備えた高い機動性で狙った瞬間を鮮明に撮影できます。
Via : 究極の高画質を実現するプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100シリーズ」の第4世代 光学式と電子式を自在に切り替えられる「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」がさらに進化!「FUJIFILM X100F」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

FUJIFILM X100F
FUJIFILM X100F

製品情報ページ

  • X-Trans™ CMOS III 有効画素数 約2,430万画素
  • X Processor Pro
  • レンズ
    • フジノンレンズ 23mm F2(35mm判換算:約35mm相当)
    • レンズ構成 6群8枚(非球面1枚)
  • シャッター
    • メカニカルシャッター 4秒~1/4000秒
    • 電子シャッター 30秒~1/32000秒
  • アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー
  • 液晶モニター 3.0型 3:2アスペクト TFTカラー液晶モニター 約104万ドット
  • 直感的なアナログ操作 素早くフォーカスエリアを変更できる「フォーカスレバー」
  • フィルムシミュレーション「ACROS」
  • デジタルテレコンバーター
  • 本体外形寸法 (幅)126.5mm×(高さ)74.8mm×(奥行き)52.4mm (奥行き最薄部 32.0mm)
  • 撮影時質量 約469g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
  • 本体質量 約419g(バッテリー、メモリーカード含まず)

サンプル画像

プロモーション動画

実売価格

大手カメラ販売店では14万円強となっています。
私が初代X100Fを購入した時もそのくらいの価格でしたので、4代目になっても同様の価格をキープされているのは流石富士フイルムですね。

新型のテレコンバージョンレンズも発売されるようです。

ワイドコンバージョンレンズも新型となります

各メディアの記事

X100シリーズの第4世代モデル。撮像素子に、独自開発のAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS III」センサー(有効2,430万画素、ローパスフィルターレス)を搭載。非周期性の高い独自のカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでもモアレや偽色の発生を抑えられ、解像感を損なう原因となっていたローパスフィルターを無くすことで、フジノンレンズが持つ解像力を最大限に引き出せるという。
Via : 富士フイルム、レンズ一体型APS-Cモデル「X100F」 – デジカメ Watch

X100Fは、高級コンパクトカメラ市場の草分け的存在である「X100」(2011年3月発売) の系譜を継ぐ4代目の製品だ。イメージセンサーには、APS-Cサイズ・2,430万画素の「X-Trans CMOS III」を搭載。ローパスフィルターを省いた仕様となっている。画像処理エンジンは「X-Processor Pro」。23mm単焦点・絞り開放値F2のフジノンレンズを引き続き搭載する。
Via : 富士フイルム「X100F」 – 高級コンデジの草分け「X100シリーズ」の4代目 | マイナビニュース

X-T20は、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T10」の後継モデル。ボディデザインを踏襲し、天面と底面パーツにマグネシウム合金を採用したほか、シャッタースピード、露出補正、ドライブモードを設定するためのダイヤルを独立して搭載。直感的な操作を可能にしている。
Via : 富士フイルム、小型ミラーレスカメラ「X-T20」と高級コンパクトカメラ「X100F」を発表 – CNET Japan

富士フイルムは、平成23年3月に、APS-Cサイズのイメージセンサー、高速画像処理エンジン、高性能フジノンレンズに加え、OVFとEVFを切り替えて使える世界初の「ハイブリッドビューファインダー」を搭載した「FUJIFILM X100」を発売し、高級コンパクトデジタルカメラの新たな市場を切り拓きました。平成26年9月には、OVF内の小型EVFでピントエリアの映像を表示する世界初の「エレクトロニックレンジファインダー(ERF)」機能を追加した「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」搭載の第3世代モデル「FUJIFILM X100T」を発売し、先進技術で高級コンパクト機の市場をリードしています。
Via : 究極の高画質を実現するプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100シリーズ」の第4世代「FUJIFILM X100F」新発売 – SankeiBiz(サンケイビズ)

新たに2430万画素のAPS-C サイズ「X-Trans CMOS Ⅲ」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載し、高画質に加えてAF性能や起動速度を向上させている。
Via : ASCII.jp:富士フイルム、光学式/EVFが切替可能なプレミアムコンパクトの新モデル「X100F」

本体サイズは126.5(幅)×74.8(高さ)×52.4(奥行)mm、重量は約469g(バッテリー、メモリーカード含む)/約419g(バッテリー、メモリーカード含まず)。ボディカラーはシルバーとブラックの2色を用意した。 直販価格は156,060円。
Via : 価格.com – 富士フイルム、OVF/EVFの切り替え機能が進化した2430万画素の「X100F」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す