スポンサードリンク

「ハイエンドミラーレスの決定版!」富士フイルム GFX 50S 発表!実売価格は標準レンズ合わせて90万円を切った

Pocket
LINEで送る

事前の情報通りFUJIFILMがGFXの発売を決定したというリリースを流しました。

35mmフルサイズイメージセンサー(*1)の約1.7倍となる中判サイズ(43.8x32.9mm)の「FUJIFILM G フォーマット」イメージセンサー(以下、「Gフォーマット」センサー)を搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」(以下、「GFX 50S」)と、大口径の専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」(以下、「GFレンズ」)3種を、平成29年2月下旬に発売します。
Via : 中判サイズの大型イメージセンサーによる超高画質を実現した、ハイエンドミラーレスの決定版!中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム

Fujifilm GFX 50S
Fujifilm GFX 50S

 

製品情報ページ

主な仕様

  • 中判フォーマット43.8×32.9mmの5140万画素CMOSセンサー
  • X-Processor Pro
  • 測光方式 TTL256分割測光
  • シャッター形式 電磁制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
  • 動画 Full HD 1920×1080 29.97p
  • 着脱式369万ドット有機EL電子ビューファインダー
  • 236万ドット静電式タッチパネル液晶背面モニター
  • マグネシウム合金を使用した小型軽量、高剛性ボディ
  • 防塵・防滴・耐低温構造
  • 本体寸法 (幅)147.5mm×(高さ)94.2mm×(奥行き)91.4mm (最薄部41.6mm)
  • 撮影時質量 約825g(付属バッテリー、メモリーカード含む)、EVF装着時 約920g
  • 本体質量 約740g(バッテリー、メモリーカード含まず)

3本のGマウントレンズも発表

  • 標準レンズ 「GF63mmF2.8 R WR」
  • 標準ズームレンズ 「GF32-64mmF4 R LM WR」
  • 中望遠マクロレンズ 「GF120mmF4 R LM OIS WR Macro」

GFX 50Sの公式サンプル画像

GFX 50Sの実売価格

既に、大手カメラ販売店が予約を開始しています。

ボデイのみで73万円強

標準単焦点レンズ F63mmF2.8 R WR レンズは17万6千円強ですので、ボディとセットで90万円を切って来ました。

標準ズームレンズの実売価格は約26.5万円ですので、ボディとセットで100万円前後ということになります。

中望遠マクロレンズ GF120mmF4 R LM OIS WR Macroは31万円弱ということです。

その他アクセサリも予約が開始されています。

プロモーション動画

各メディアの記事

GFXは、43.8×32.9mmサイズの「FUJIFILM G Format」を採用するミラーレスカメラシステム。2016年9月のフォトキナで開発発表し、今回が正式発表となる。
Via : 富士フイルム、中判ミラーレス「GFX 50S」を2月下旬に発売 – デジカメ Watch

既報の通り、フォトキナ2016で開発発表していた富士フイルムの中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX」が正式に発表された。ここでは、1月19日に開催された発表会の模様をお伝えする。製品の詳細については下記を参照されたい。
Via : 中判ミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX」発表会レポート – デジカメ Watch

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、35mmフルサイズイメージセンサー(*1)の約1.7倍となる中判サイズ(43.8x32.9mm)の「FUJIFILM G フォーマット」イメージセンサー(以下、「Gフォーマット」センサー)を搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」(以下、「GFX 50S」)と、大口径の専用交換レンズ「フジノン GFレンズ」(以下、「GFレンズ」)3種を、平成29年2月下旬に発売します。
Via : 中判ミラーレスデジタルカメラ「GFX 50S」新発売 – SankeiBiz(サンケイビズ)

京都市で開かれた発表会で古森重隆会長は「フルサイズでは表現しきれない世界があり、ニーズがある」とアピールした。
Via : 富士フイルムが高画質ミラーレス一眼「GFX 50S」を2月発売 – 産経ニュース

GFXシリーズは2016年9月のフォトキナ2016で開発を発表しており、GFX 50Sはその中でも最初の製品にあたります。センサーは有効5140万画素のCMOSを搭載し、フォーマットは新開発のGフォーマットを採用。画像処理エンジンX-Processor Proと「フジノンの思想を受け継いだ」というGFレンズを組み合わせており「富士フイルム史上最高画質を実現」と豪語します。
Via : 中判ミラーレス「FUJIFILM GFX 50S」は2月下旬発売。新規開発Gマウント採用、GFレンズは1億画素にも対応 – Engadget 日本版

中判サイズ(43.8×32.9mm)の5140万画素COMOSセンサーを搭載、レンズマウントは「FUJIFILM Gマウント」で、同社中判カメラを継承する「GFレンズ」を装着して使用する。撮像素子には超音波式センサークリーニングも備える。
Via : ASCII.jp:富士フイルム、中判サイズの撮像素子を搭載する中判デジカメ「GFX 50S」

本体サイズは147.5(幅)×94.2(高さ)×91.4(奥行)mm、重量は約825g(付属バッテリー、メモリーカード含む)、約920g(EVF装着時)。 直販価格は804,060円。
Via : 価格.com – 富士フイルム、小型軽量ボディの中判ミラーレス「GFX 50S」を2月下旬発売

富士フイルムは1月19日、43.8×32.9mmのイメージセンサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」と3本の「フジノンGFレンズ」を発表した。いずれも2月下旬の発売を予定している。GFX 50Sの価格はオープンで、市場価格は税別800,000円前後と推定される。
Via : 富士フイルム「GFX 50S」、あの中判ミラーレスカメラが正式発表|ニフティニュース

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す