スポンサードリンク

シグマは東京オリンピックまでにフルサイズFOVEONの「sd Quattro F」を発表する???( Photo of the Day)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真家でありカメラ評論家である田中希美男先生がブログ「Photo of the Day」にsd Quattro Hに85mmF1.4 EX DG HSMで撮影した感想が書かれていますが、それより面白いのはサブジェクトが「Foveonフルサイズ判の sd Quattro F はもうすぐ・・・」ということで、フルサイズ判sd Quattro Hの登場を予測されています。

シグマは(じつは山木さんなんだけど)、ぼくがインタビューなどをしたとき、はっきりとは言わないが、「ソレ」さえ解決すればフルサイズ判のFoveonセンサーは可能だというような話をよくする。山木さんはことあるごとに「ソレ」について語る。
Via : Photo of the Day Foveonフルサイズ判の sd Quattro F はもうすぐ・・・

山木社長が語る「ソレ」とはいったい何なんでしょうか?

sd QuattroとQuattro Hは画素ピッチが同じセンサーで、それぞれ有効画素が2950万画素、3860万画素となっていますが、フルサイズの判のFOVEONも同じ画素ピッチだとすると、約7000万画素の有効画素となり、S-HIの時に約9400万画素のイメージを書き出すことになると思います。

少なくとも、そんな多画素の処理速度、そして、メモリへの転送速度、結果的に連写性能やバッテリー性能が問題になりそうですね。

私もフルサイズsd Quattro Fが出るまで貯金(^^;しようかと思います!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す