スポンサードリンク

富士フイルムが GFX challengesシリーズの新しい動画を公開

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

FUJIFILMのグローバルYouTubeチャンネルにGFX challengesシリーズの動画が追加されました。

これらの動画の撮影には、X-T2が使われているということです。

ベルギーの写真家でXフォトグラファーとして活躍されているPiet Van den Eynde氏がインドにてFUJIFILM GFX 50Sでテスト撮影している映像。

  • 中判を選ぶ理由
    • ダイナミックレンジ
    • 描写力、解像感
  • レンズについて
    • 広角系のレンズの中でも特に32-64mmが非常に良い。
    • 典型的なポートレート撮影で選ぶべきなのは120mmF4。手ブレ補正も良く効き切れ味の良いシャープなレンズ。
  • 使い勝手
    • FUJIFILMのカメラユーザーであれば迷いなく使える筈。
    • その他のユーザーはCポジションにすることで、絞り、シャッタースピードがダイアルで使える。
  • 将来への期待
    • 中判で超広角で撮影出来るGF23mmF4や、被写界深度が薄いGF110mmF2等の新レンズに期待する。

 

フォトグラファー平間 至 先生がスタジオでダンサーを撮影するフォトセッションを交えながらGFX 50Sの感想を語られています。

  • 中判を選ぶ理由
    • 人物が引き立つなだらかなボケ、無理やり開けてボカすのでは無く自然に立体感が引き出せる。
    • 大きいプリントに対応出来る
    • プロにとって中判というのは使い易いサイズで、35mmの方が特殊なフォーマットである。
  • GFXの印象
    • 手持ちロケでも十分使える。
    • レンズも程よい大きさ。
    • フジのレンズの特長は最後の最後まで破綻しないこと。
    • 日本人の真面目な物作りを感じる。
    • プロが使える道具として認識が変わって来る筈。

風景写真家の Yinghui Wu 氏が香港の東平洲島と四川省ミニヤコンカ山の撮影

 

ウェディングフォトグラファー Natan Sans氏

  • 通常X-Pro2を使っており三脚は使わず手持ちで撮影する、GFXもそれが可能。
  • 中判の広いエリアの中に多くのフォーカスポイントがありコーナーまでカバーしている。
  • グリップの形状は本当に素晴らしく、素早く縦位置に持ち換えることが出来る。
  • ウェディングフォトの撮影に必要な高速性も兼ね備えている。
  • 顧客の要求次第で解像度が必要なシーンもあり他のカメラでは得られない画質を得ることが出来る。

イスタンブール出身の風景写真家でありXフォトグラファーのSerkan Günes氏

  • スウェーデンのラップランドの白夜に光を求め、GFXと共に極寒の中でダイナミックなシーンを探し求めている。

 

ストリートフォト、スタジオフォト、ウェディング、風景という様々なシーンで、プロが使えるカメラとしてGFXシリーズは活躍しそうですね。

そしてスポーツや動画はX-T2、スナップではX-Pro2という棲み分けで富士フイルムXシリーズのトライアングルは盤石になりそうです。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す