スポンサードリンク

本日発売!シグマ A 85mm F1.4 DG HSM 究極のポートレンズ実写記事(マップカメラ | KASYAPA)

Pocket
LINEで送る

マップカメラ さんのレビューサイト KASYAPA に待望のSIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art レンズの実車レビュー記事と素晴らしいサンプルイメージが掲載されました。
撮影に用いられているカメラはCanon EOS 5D Mark IVということです。

今回のKasyapaでは、「究極のポートレートレンズ」という名のもとに誕生した『SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM』をご紹介いたします。 待望のArtライン85mmがいよいよ登場!今か今かと待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。かくいう筆者もそのうちの1人。シグマのArtラインシリーズは軒並み高い評価を受けているレンズが揃っているということもあり、期待に胸が膨らみます。
Via : マップカメラ | KASYAPA | 387:究極のポートレートレンズ『SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM』 | SIGMA

  • 外観
    • 大迫力の前玉!見た目のインパクトも大
    • 物作りにこだわりのあるシグマらしい徹底した作り
  • 描写
    • すっきりとヌケの良い描写
    • 絞り込んでみるとそのシャープさはより際立つ
    • 驚きの解像力には、思わずため息が漏れてしまう
  • ボケ
    • 画面の隅まで丸いボケを描いてくれる
    • 吸い込まれるようなボケ味
  • 周辺光量
    • 開放だと多少の周辺の光量落ちが見られる
    • 少し絞ってあげるだけでだいぶ軽減される
  • 逆光
    • 逆光にとても強い
    • フレアがとても美しい
    • ぜひ逆光で光を楽しんでみてください
  • 使い勝手
    • AFの速度もとても早く静粛性も高い
    • この写りをこの価格帯で手に入れることが出来るのならば、重さには目を瞑れる
    • フルタイムマニュアル機構はフォーカススイッチを切り替えることなくピントの微調整を行うことが可能
  • まとめ
    • Artラインのコストパフォーマンスの高さにはいつも驚かされる

いかがでしょうか?
確かに、周辺まで整ったボケと、スッキリとした描写が印象的ですね。

 

これまで紹介させて頂いたSIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art レビュー記事。早く自分でも撮影してみたい;;;^^)

これらの作例やサンプルイメージを見ても判る通り正にその名の通り究極のレンズが12万円台で購入出来るのですから、これはバーゲンと言って良いと思います。
で、このレンズの発売日は11月17日、つまり今日です!
予約されていた方おめでとうございます!

そしてこのレンズ、シグマならではのマウント交換サービス(有償)もありますので、今がニコンボディでもキヤノンボディでも心配することはありません(^^;
更にMC-11でSONY α7シリーズでも使えます。勿論sd Quattro、特に Quattro Hであれば正に世界最高の組み合わせになることが期待出来ます。
正にレンズは資産ということですね!!

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す