スポンサードリンク

「世界最速の高速AF」ソニー RX100M5発売!予約開始!M4、M3と比較してみた

Pocket
LINEで送る

ソニーが先に海外で発表していたプレミアムコンパクトカメラCyber-Shot DSC-RX100M5を発表しました。
同時にDSC-RX100 Vという名称も使われています。

発売予定は2016年10月21日ということです。

製品情報ページ

SONY Cyber-shot DC-RX100M5
SONY Cyber-shot DC-RX100M5

RX100M5とRX100M4やRX100M3との違いは?

 

DSC-RX100M5 DSC-RX100M4 DSC-RX100M3
レンズ ZEISSバリオ・ゾナーT*
換算24-70mm F1.8-2.8
NDフィルタ 3段分
センサー 1.0型積層型
Exmor RS
1.0型裏面照射型
Exmor R
画素数 2100万画素
有効2010万画素
2090万画素
有効2010万画素
像面位相差 315点 なし なし
画像処理エンジン BIONZ X
+フロントエンドLSI
BIONZ X
ISO感度 ISO125-12800
シャッタースピード メカニカル 1/2000秒
電子 1/32000秒
メカニカル 1/2000秒
モニター 180度可動式 3.0型
1,228,800ドット
EVF 0.39型(OLED)
2,359,296ドット
0.39型(OLED)、1,440,000ドット
連写 約24コマ/秒(AF追従) 約16コマ/秒 約10コマ/秒
起動時間 約1.7秒 約1.6秒 約1.6秒
撮影タイムラグ 0.15秒 0.16秒 0.16秒
撮影間隔 0.45秒 0.45秒 0.6秒
4K動画 XAVC S 4K: 30p 100M(3,840×2,160/30p) なし
4K静止画切り出し 搭載 なし なし
MP4同時ビデオ記録 FULL HD + MP4
HFR
(ハイフレームレート)
50M(1,920×1,080/960fps) なし
HFR
<読み出し有効画素数>
480fps(1,824×616)
960fps(1,244×420)
480fps(1,676×566)
960fps(1,136×384)
なし
動画手ブレ補正 電子式併用 5軸 電子式手ブレ補正
液晶モニタ使用時
消費電力
約2.6W 約1.9W 約1.7W
ファインダー使用時
消費電力
約3.0W 約2.3W 約2.3W
静止画撮影時
液晶モニタ使用時
約220枚 / 約110分 約280枚 / 約140分 約320枚 / 約160分
静止画撮影時
ファインダー使用時
約210枚 / 約105分 約230枚 / 約115分 約230枚 / 約115分
実動画撮影時 約35分 約45分 約50分
連続動画撮影時 約65分 約80分 約85分
寸法 101.6×58.1×41.0 mm
質量 撮影時 約299g 約298g 約290g
質量 本体のみ 約272g 約271g 約263g
ソニーストア価格 119,880 円+税 107,880 円+税 88,000 円+税

ということで、M3からM4への進化は積層型センサーによる高速化によって4Kと960fpsのHFR動画を実現、M4からM5への進化は像面面位相差AFとフロントエンドLSIの搭載によって連写性能の大幅向上やHFRの読み出し画素数が増えています。

その代わり、M3からM4、M5に行くに従って、消費電力は増え撮影枚数や動画撮影時間が減っており、M5とM3を比較するとかなりの差があるようです。

価格的にはそれなりに差が付けられているようですので悩まれると思いますが、連写や動画撮影用としてはM4+1.2万円で像面位相差AFが搭載され24コマ/秒のAF追従連写が可能いなったM5が良いと思います。

静止画中心の人で、旅行用として使われる方は安価でバッテリー性能が良いM3も候補に入れても良いと思います。起動時間やラグに関しては3機種共に殆ど差はありません。

DSC-RX100Vの予約価格は

早速ソニーストアで DSC-RX100M5の予約が開始されています。
価格は119,880円+税ですが、ストア会員になると、10%引き等の特典があります。

icon
icon

マップカメラさんでは税込で11万6千円強

アマゾンも同様の価格です

各メディアの記事

フルサイズ一眼ユーザーの購入重視ポイントが、AFの反応速度や、フォーカスの正確さ、連写速度などであるため、そうしたニーズを踏まえて開発されたのが「RX100 V」となる。
Via : ソニー、世界最速0.05秒AFや像面位相差AFを搭載、動体撮影に強い1型デジカメ「RX100 V」 – AV Watch

RX100 Vはその名の通りシリーズ第5世代となるコンパクトデジタルカメラで、サイズを超えた1インチ/2010万画素センサーを搭載しています。レンズの焦点距離やF値は前モデルと変わらず、24〜70mm(35mm換算)、F1.8-2.8です。
Via : コンデジとは思えぬAF性能。ソニーが「RX100 V」が発表 | ライフハッカー[日本版]

1型センサーを搭載するRX100シリーズの5代目となる最新モデル。10月7日に海外で発表済み。なお、RX100シリーズは初代RX100から前モデルRX100 IVまで併売となる。
Via : ソニー、像面位相差AF対応の1型コンパクト「RX100 V」 – デジカメ Watch

軽量コンパクトなボディーや基本的な装備は従来モデル「Cyber-shot DSC-RX100M4」を受け継ぐ。35mm判換算で24-70mm(F1.8-2.8)をカバーする明るいズームレンズやポップアップ式の電子ビューファインダー、自分撮り対応の液晶モニターなどの装備は同一だ。
Via : 圧巻の速写性能で一眼レフを凌駕 ソニー「RX100M5」 – 日経トレンディネット

RXシリーズでは初となる位相差検出方式とAF精度の高いコントラスト検出方式のメリットを兼ね備えたファストハイブリッドAFシステムを搭載し、高速AFと高速連写を実現。画像処理エンジン「BIONZ X」と新開発フロントエンドLSIにより、大容量画像データの高速処理することで、連続撮影をサポートする。
Via : ソニー、世界最速0.05秒AFを備えた「RX100 V」 – CNET Japan

一眼カメラ利用者のセカンドカメラとして売り込むほか、スマートフォンによる撮影だけでは物足りなさを感じる消費者の需要も取り込む。
Via : ソニーがコンパクトデジカメの高級品発売 AF0.05秒など高速被写体を撮影 – 産経ニュース

「RX100」シリーズの第5世代モデル。新開発の1型イメージセンサーには、撮像エリアの約65%をカバーする範囲に世界最多(同社調べ)となる315点の像面位相差検出AFセンサーを配置。さらに、AF速度や動体捕捉にすぐれた位相差検出AFと、AF精度が高いコントラスト検出AFのメリットを兼ね備えたファストハイブリッドAFを「RX100シリーズ」として初めて採用し、0.05秒の高速レスポンスに対応する。
Via : 価格.com – ソニー、0.05秒高速AF対応の1型センサーデジカメ「RX100 V」を10/21発売

新開発のセンサーと画像処理エンジンをサポートするフロントエンドLSIにより、1.0型センサー搭載のレンズ一体型カメラとしては世界最速の高速AFと高速連写を実現した。予想実売価格は12万円前後(税別)。
Via : 世界最速の高速AFと高速連写を実現! ソニーから新型の1インチ高級コンデジ「RX100 V」 – 価格.comマガジン

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す