スポンサードリンク

360° for everyone.「RICOH THETA SC」正式発表!

Pocket
LINEで送る

直前のリーク記事がありましたが、今朝RICOH THETA SCが正式発表されました。

発売日は2016年10月28日、価格はオープンですがオンラインストアでの価格では¥32,800(税込)となっています。

リコーイメージングのプレスリリース

360°カメラを初めて使用される方でも簡単に撮影を楽しめるわかりやすい操作性と充実の基本性能を備えた、スタンダードクラスの360°カメラ「RICOH THETA SC」を発売いたします。
Via : ワンショットで全天球イメージを撮影できる360°カメラ「RICOH THETA SC」を新発売 | リコーグループ 企業・IR | リコー

theta360.comのプレスリリース

「RICOH THETA SC」は、上位機種と同等の高性能CMOSイメージセンサーや大口径レンズによる高画質はそのままに、本体の軽量化を実現しています。 撮影した360°画像は、スマートフォンやタブレットに転送して楽しめるほか、市販のVRビューアーを利用して、手軽にVR体験が可能です。また、専用ウェブサイトtheta360.comにアップしてSNSで共有したり、FacebookやYouTubeTMに直接360°の動画を投稿することも可能です。
Via : ニュース | RICOH THETA

製品情報ページ

【撮像素子】 1/2.3 CMOS(×2)
【有効画素数】 約1200万画素(×2)
【出力画素数】 約1400万画素相当
【レンズ構成】 6群7枚
【レンズ_F値】 F2.0
【静止画】 L:5376×2688、M:2048×1024
【動画】 L:1920×1080/30fps/16Mbps M:1280×720/15fps/6Mbps
【記録媒体】 内蔵メモリー:約8GB
【外形・寸法】 45.2 mm(幅)× 130.6 mm(高さ)× 22.9 mm(奥行き)
【質量】 約102g

エントリモデルながら動画がFullHDの30fpsとなり、スムースな全天球動画としてYouTube等にもアップして楽しめる仕様になりました。

上位モデルのTHETA Sと比較すると以下のような違いがあるようです

  • シャッタースピードが1/8000秒に高速に(Sは1/6400秒)
  • 最大動画撮影時間が5分と短い(Sは25分)
  • 筐体がプラスチックになりより軽量(125gに対し102g)
  • HDMI端子が省略

ストリーミングしたり、長時間動画が必要な方以外はTHETA SCで十分と思われます。
YouTubeにアップするにしても5分以上は長い感じがしますし(^^;、旅行などの記録ではバッテリーのことを考えると、殆どの方がそれほど長い録画時間は必要無いのではと思います。

筐体がプラスチックになったのも個人的にはこのようなカメラではより気軽に使えることを考えると金属の必要は無く、軽量化された方が嬉しいと思います。

価格も THETA Sよりお買い得になっているようですので、より多くの方が360°カメラを楽しめることになりそうですね。

各メディアの記事

リコーは10月13日、全天球撮影が可能な360°カメラのスタンダードモデル「RICOH THETA SC」を発表した。10月28日の発売を予定しており、価格はオープン。推定市場価格は税込3万円台前半。本体カラーは、ベージュ、ホワイト、ブルー、ピンクの4色を用意する。
Via : リコー、3万円台前半の「THETA SC」 – 360°カメラの普及を加速 | マイナビニュース

ワンショットで全天球撮影が可能なカメラ、リコー「THETA(シータ)」。ギズモードもヘルメットに付けてSXSWを練り歩いたり、HOゲージの車両模型に載せて、ジオラマを走らせるなど使い倒しているカメラの一つです。そんな360°カメラのパイオニアから、「THETA SC」が発表されました。
Via : リコーが新型360°カメラ「THETA SC」を発表|ギズモード・ジャパン

リコーは10月13日、360度カメラの最新モデル「THETA SC」を10月28日に発売すると発表した。予想実売価格は3万円台前半。
Via : ASCII.jp:リコー「THETA」に低価格モデル! 3万円台で買える360度カメラ「THETA SC」が登場

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す