スポンサードリンク

ハッセルブラッド 中判スクエアセンサを搭載する「V1D 4116 Concept」カメラを発表!

Pocket
LINEで送る

HasselbladがVシステムデジタルボディのスタディモデルとして V1D 4116 Concept を発表しました。

What happens when you combine the fundamental principles behind the classic Hasselblad cameras with cutting edge technology, modern production methods and contemporary design?
Via : Hasselblad V1D 4116 Concept

 Hasselblad V1D 4116 Concept
Hasselblad V1D 4116 Concept
Hasselblad V1D 4116 Concept
Hasselblad V1D 4116 Concept
  • 7500万画素スクエアフォーマットのセンサを搭載
  • ボディはソリッドアルミブロックから削り出しで制作
  • ボディの4面に各モジュールを取り付けることが可能
  • トップ部にはディスプレイやビューファインダーやアクセサリホルダー等
  • 2面のディスプレイも、トップ部にビューファインダーとして、バックにはディスプレイを装着することも可能
  • 左右面には、各種コントローラーやグリップ等
  • グリップの装着は左利きのフォトグラファーにも対応出来る
  • また、絞り、シャッタースピード、のロータリーダイアルも左右自由に取り付けることが出来る
  • グリップ部によってレリーズボタンを追加することも可能だが、クラシックVシリーズのようにボディ前面にレリーズボタンを備える

これまでVシステムはCFV-50c等のデジタルバックによってデジタル化されていましたが「V1D 4116 Concept」完全な中判デジタルカメラボディを提案するものですね。
最先端のカメラデザインの中にクラシックなVシリーズをリスペクトしているのもHasselbladらしいですね。

フォトキナでは中判ミラーレスカメラX1D-50Cが注目を集めましたが、このV1D 4116 Conceptも更に大型のミラーレスカメラとして、次の一手ということになるのかもしれませんね。

正式発表が待ち遠しいです!(X1Dでも手が届かない私は、V1Dなんて雲の上の存在なのですが、、、)

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

w
関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す