スポンサードリンク

キヤノン EOS 5D Mark IV 国内正式発表!「POWER OF FIVE あなたの写真に新しい力を。」

Pocket
LINEで送る

先に海外でプレスリリースがありましたが、日本国内でもCanon EOS 5D Mark IVが正式発表されました!

先に海外で発表されていた通り、デュアルピクセルAFの3030万画素CMOS イメージセンサー、DIGIC 6+ということです。

プレスリリース

“EOS 5D Mark IV”は、「EOS 5D Mark III」(2012年3月発売)の後継機種で、静止画・動画ともに本格的な作品づくりを実現するため、フラッグシップ機の「EOS-1D X Mark II」(2016年4月発売)に採用されているさまざまな新技術を搭載した高性能モデルです。
Via : キヤノン:約3,040万画素の解像力と高速連写・高感度性能を両立 フルサイズデジタル一眼レフカメラ“EOS 5D Mark IV”を発売

発売日

  • EOS 5D Mark IV(WG)・ボディー 9月8日
  • EOS 5D Mark IV(WG)・EF24-70 F4L IS USM レンズキット 9月8日
  • EOS 5D Mark IV(WG)・EF24-70 F2.8L II USM レンズキット 9月8日 限定1000セット
  • EOS 5D Mark IV(WG)・EF24-105 F4L IS II USM レンズキット 10月下旬

製品情報ページ

Canon EOS 5D Mark IV
Canon EOS 5D Mark IV

速報版では書いていませんでしたが、気になるメディアスロットは、CFカード(タイプI準拠、UDMAモード7対応)、SD/SDHC/SDXCメモリーカードのこれまで同様の構成のデュアルスロットということです。

 

公式サンプルイメージ

前もって5060万画素のEOS 5Ds/5DsRを出すことでランナップとして高画素カメラはカバーした上で、主軸となる5D Mark IVはどのようなジャンルの撮影でもバランス良く使える画素数で出したのも流石キヤノン様の戦略は的を得ているような気がします。

連写も7fpsに確実に進化、AFセンサーもリオオリンピックでも活躍したEOS-1D Mark IIと同じものを搭載したのもこころ強いです。

動画にしてもデュアルピクセルAFも強力な武器になるでしょうし、4KはDCIの4096 x 2160はシネマ機としての必要なスペックを満たしていますので流石キヤノンですね。

加えてMotion JPEG記録ですので、4K(880万画素)相当の高画質での切り出しもにも対応。

盤石のスペックと言えるかもしれません。

各メディアの記事

キヤノンは、35mmフルサイズセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark IV」を9月8日に発売する。2012年に発売された「EOS 5D Mark III」の後継。 価格は、税別での直販参考価格がボディ単体で43万2,500円、24-70 F4Lレンズキットが54万7,500円、24-70 F2.8L IIレンズキットが61万7,500円、10月下旬に追加発売する24-105 F4L IIレンズキットが55万7,500円。
Via : キヤノン、約3,040万画素になった定番フルサイズ機「EOS 5D Mark IV」 – デジカメ Watch

撮像素子の画素数を有効3040万画素に高めつつ(Mark IIIは有効2230万画素)、1画素を2つのフォトダイオードで構成するデュアルフォトダイオード技術をフルサイズのEOSでは初めて採用した。像面位相差AF「デュアルピクセルCMOS AF」によりライブビューや動画撮影時のオートフォーカスを高速化したほか、奥行き情報を基に解像感の向上や前ボケの位置調整、ゴーストの現れ方などをパソコンの現像ソフトで変更できる新技術「デュアルピクセルRAW」を搭載した。動画機能も、待望の4K画質に対応。写真と動画の撮影機能を向上させ、プロ・アマから愛用されるフルサイズ一眼レフのスタンダード的なポジションの維持を狙う。
Via : キヤノン「EOS 5D IV」発表、AFや4K動画など改良多数 – 日経トレンディネット

「EOS 5D Mark III」の登場から約4年半。2016年8月25日、キヤノン製35mmフルサイズ一眼レフの上位モデル「EOS 5Dシリーズ」の新機種「EOS 5D Mark IV」が満を持して発表になった。
Via : オールラウンダーとしての進化に注目! キヤノンの高性能フルサイズ一眼レフ「EOS 5D Mark IV」登場 – 価格.comマガジン

ボディ素材にはマグネシウムを採用。シールド性能も大幅アップし、防塵防滴に配慮した仕様になっている。5Ds/5Ds Rのミラー振動制御システムをベースに、「新ミラー振動制御システム」を開発。ミラー駆動を高速化しながらも、振動を短時間で収束させることに成功し、ミラーショック低減を両立。音もソフトになった。シャッター耐久回数は15万回。
Via : キヤノン、3040万画素の新型フルサイズカメラ「EOS 5D Mark IV」–4K撮影にも対応 – CNET Japan

キヤノン製デジタル一眼レフカメラのラインナップ中、ハイアマチュア向けモデルの最上位に位置する製品。2012年に発売した EOS 5D Mark IIIの後継機種という位置付けです。
Via : キヤノン『EOS 5D Mark IV』発表。RAW現像時に前ボケと解像感の微調整やゴースト低減可能なデュアルピクセルRAW機能を搭載 – Engadget Japanese

キヤノンは本日、35mmフルサイズCMOSを搭載したデジタル一眼レフの新機種「EOS 5D Mark IV」を9月8日に発売すると発表しました。
Via : キヤノンからとうとう出る、やっと出る。進化にもほどがある「EOS 5D Mark IV」発表|ギズモード・ジャパン

“EOS 5D Mark IV”は、「EOS 5D Mark III」(2012年3月発売)の後継機種で、静止画・動画ともに本格的な作品づくりを実現するため、フラッグシップ機の「EOS-1D X Mark II」(2016年4月発売)に採用されているさまざまな新技術を搭載した高性能モデルです。
Via : 約3,040万画素の解像力と高速連写・高感度性能を両立 フルサイズデジタル一眼レフカメラ“EOS 5D Mark IV”を発売|キヤノン株式会社のプレスリリース



Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す