スポンサードリンク

ハッセルブラッドCEOインタビュー、X1Dの1億画素バージョンは?富士フィルムとの関係は?(Photoscala)

Pocket
LINEで送る

HasselbladのCEO Perry Oosting氏がPhotoscalaのインタビューでX1Dシステムについて語っています。

Ende letzter Woche hat Hasselblad erstmals in Deutschland die spiegellose Mittelformatkamera X1D präsentiert. Mit von der Partie war Hasselblad-CEO Perry Oosting. Horst Gottfried hatte für photoscala die Gelegenheit, dem Hasselblad-Chef einige wichtige Fragen zu stellen.
Via : Interview mit Hasselblad-CEO Perry Oosting: “Die X1D ist für die Zukunft von Hasselblad sehr wichtig” | photoscala

 

何故Hasselbladはミラーレス構造を選んだのですか?

創始者ヴィクター・ハッセルブラッドのオリジナルのアイデアに回帰し、よりコンパクトで高画質のカメラを目指した。

 

X1DはHasselbladにとって何なのですか?

X1DはHasselbladの未来にとってとても重要だ。

彼女(X1D)はプロフェッショナルフォトグラファーからセミプロ、そして熱心なアマチュアまでより広い顧客への門戸を開くことになる。

 

Hasselbladとして Xシステムはどうするのですか?

そう遠くない未来はこのシステムの拡張が優先事項だが、出来るだけ早期に2017年にも他のレンズを追加したい。

詳細は話せいない。我々のモットーは「私たちは伝えたいものが出来た時だけ伝える」。
そしてあなたは驚くことになるでしょう。

 

Hasselblad 100c H6Dのようなより高い解像度を持つモデルはあるのですか?

直近では1億画素のHasselblad X1Dモデルの計画は無い。

これは単にセンサーの仕様の問題であり、既存のH6D 100cの1億画素のセンサーをX1Dの筐体に押し込むことは出来ない。

 

位相差AF機能、電子シャッター、4K動画等の最近の機能についてはどうですか?

これも我々はセンサー製造メーカーの開発に依存することになる。

 

Hasselbladにとって動画はどのくらい重要ですか?

我々にとって動画の重要性はより低い。

X1Dはフォトグラファーの為に作りたいと思っている。

 

新Xレンズの解像度はどうですか?1億画素にも対応していますか?

レンズはそれを見越している、それらは1億画素以上でも優れた結果を出すことになる。

 

小さいフォーマットのセンサーで同等の画素数を持つ一眼レフシステムカメラに対し、X1Dの5000万画素のような中判システムカメラの利点はどこにあると考えていますか?

光学性能がより優れているのは明らか。

最初に投資してくれる方々も、解りやすい結果が出るのでその利点に対しとても喜んで頂いている。

X1Dはその素晴らしい品質のレンズと優れたエルゴノミクスを結びつけるものである。

 

Hasselbladは長い歴史の中ででも富士フィルムとの協業関係を持っているが、X1Dでも何かの部分で関係はあるのですか?

いいえ、X1Dは完全にHasselbladがユーザーの要望を受けながら独自開発した。

加えてヨーテボリで製造されている”Made in Sweden”である。

 

そしてmirrorlessrumorsはこのインタビュー記事を引用し、X1Dは1億画素に対応しているが、いったいユーザーはどのくらい画素数が必要なのでしょうか?というコメントを書いています。

Hasselblad-CEO Perry Oosting confirmed at Photoscala that the X lenses are good enough to outresolve future 100MP X1D cameras. Of course Megapixel race will never stop until will reac.h…ehmm..how many Gigapixels do we need? 🙂
Via : Hasselblad X lenses are good for future 100 MP sensors… – mirrorlessrumors

確かに、一般のアマチュアにとって1億画素が必要かというのはあると思いますが、中判カメラへのあこがれは確実にあると思います。
今後他社が中判のシステムを出すという噂もありますので、X1Dをきっかけにして、中判カメラがより身近になれば良いですね。
ただ、レンズの方を安く作ることは出来ないと思われますので、ある程度はハイエンドなシステムになそうですが、、、、

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す