スポンサードリンク

ソニーアクションカムFDR-X3000 レポート(その2:比較前にまずFDR-X1000の不満点をまとめてみた)

Pocket
LINEで送る

SONYのアクションカムはGoProと比較するとGPS、手ブレ補正、ステレオマイク等魅力的な機能が搭載されているということもあり、2014年にSONYのアクションカムHDR-AS100Vを購入、そして、2015年にはFDR-X1000VRを購入させて頂いていました。

しかし2機種を通じて使っているとやはりアクションカメラはGoProに一日の長があると感じていました。

そんなFDR-X1000での問題点を振り返ってみます

三脚穴によるマウントが使い難い

  • 三脚穴によるマウントでは構造上GoProマウントのようにがっちり固定出来ない
  • FDR-X1000は本体に三脚穴周辺が無駄に丸いデザインのせいで底面の面積が狭過ぎて更に固定出来ない
  • 純正マウントの剛性あまりにも低く振動でブレる
  • 純正アクセサリおマウントの多くが回転防止用のピン穴を利用していない
  • ズレないように強く締めすぎたせいか純正のアクセサリーがすぐに壊れた→結局RAMマウントに変更

FDR-X1000は他のアクションカムより大きく重い

  • 4K録画が可能になったせいか、HDRシリーズより大きな筐体となりました
  • 大きく、重いということは、マウントへの負荷が大きくなり頑丈なマウントが必要になります
  • ソニーのアクションカムは前後方向が長いデザインのせいか加速でブレ易く、重心も高いようでマウントの剛性が低いとブレ易くなっています

アクセサリが高価

  • サードパーティの参入が少ないせいか、選択肢が限られる→高価な純正を選択する必要がある
  • SONYのバッテリーは妙に高価

FDR-X1000の電源がいきなり落ちるトラブルが発生→修理(交換)対応

  • バッテリーがコンデジと共用でどうやら接点が貧弱
    • GoProのようにバッテリーがズレても接触している構造では無い
  • 加えてバッテリーを接点に圧着させる構造となっていない
    →バイクで加速すると電源が落ちてしまっていた
  • トラブルの原因は以下の図の通り

実機を見ると、貧弱なバッテリストッパー、そして内部にはバッテリー取り出し用の大きなバネが見えます。

FDR-X1000の手ブレ補正が微妙

  • 4Kで手ブレ補正が効かない
  • FullHDで手ブレ補正機能をONすると画角が狭くなる
  • 手ブレ補正はGoProには無い機能ですしせっかくの広角レンズが勿体無い

SONYのアクションカムはレンズの歪曲がひどい

  • 好みがあると思いますがGoProと比較してソニーのアクションカムは周辺が強く歪曲する絵となる
  • 下の動画はフランクフルトモーターショーで4K撮影した動画、歪曲と手ブレで醜いorz

せっかくGPSを搭載しているがインターバル撮影でログが残らない

  • インターバル撮影時にGPSのログ記録記録出来ない
  • 各ショット枚にExifに位置情報は埋め込まれているので苦労して取り出すしかない、、、
    • ツーリングの時インターバル撮影で記録し全ての写真からExifの位置データを取り出したが下の図のように経路データとはならず→2度とやらないと心に誓った

ボタン・メニューの操作性が悪い

  • そもそも電源ボタンが無い
  • 特に電源OFFにするのが至難の業
  • ボタンがサイドにあるので取り付け方向によって操作出来なくなる
  • メニューで設定の連続操作が出来ない

 

 

ということで、特にバイクの加速程度のGで電源が落ちるトラブルはアクションカメラとしてはあってはならないトラブルだと思います。
修理に出した結果SONY様から帰って来たのは、外装、内装、そしてバッテリーまで別モノに交換状態で帰って来ましたので、問題は単純で無かったように感じました。
原因はバッテリー接点の劣化ということですが、購入して1年以内でバッテリー接点が弱くなるのは問題ですし、上記のように構造上の問題もあったと思います。

ということで、FDR-X3000、HDR-AS300が発表された時、これらの問題が解決されているらしく、次はGoProにしようかと思っていたのですが、思わずHDR-X3000を購入してしまったのです。

次の記事ではFDR-X3000とFDR-X1000の外観を比較してみます。

【あす楽対応】ハンドルバーマウントVCT-HM2
価格:2910円(税込、送料別)



Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “ソニーアクションカムFDR-X3000 レポート(その2:比較前にまずFDR-X1000の不満点をまとめてみた)

コメントを残す