スポンサードリンク

ソニー新アクションカムFDR-X3000/HDR-AS300発表!空間手ブレ補正搭載!

Pocket
LINEで送る

SONYが新アクションカメラ2機種を発表しました。
従来は電子式の手ブレ補正が搭載されていましたが、新モデルFDR-X3000/HDR-AS300には光学式の空間手ブレ補正が搭載されることになるということです。
発売は6月24日ということで、夏休みには間に合いそうですね!

プレスリリース

ソニーは、レンズユニットを新たに開発することで、アクションカムに「空間光学ブレ補正」機能を初めて搭載し、動きの激しいブレを抑えて高精細な4K(3840×2160)動画を撮影できるデジタル4Kビデオカメラレコーダー アクションカム『FDR-X3000R』とフルHD対応モデル『HDR-AS300R』の2モデルを発売します。
Via : 空間光学ブレ補正機能により激しいブレも抑えて撮影 4Kアクションカムなど2機種発売 | プレスリリース | ソニー

製品情報ページ

FDR-X3000

HDR-AS300

特長

  • 「空間光学ブレ補正」をソニーのアクションカムに初搭載
  • ブレ補正時にも「画角設定」「ズームモード」設定が可能
  • 新「ZEISS(R)(ツァイス)テッサーレンズ」により画面周辺部の歪み軽減する
  • イメージセンサーは約857万画素 画素読み出し「Exmor R(R) CMOSセンサー」
  • 「BIONZ X(TM)(ビオンズエックス)」画像処理エンジン
  • XAVC Sフォーマットで約100Mbps
  • 4K「タイムラプス撮影」
  • ステレオマイク
  • 防滴ボディ
  • 60m防水ハウジングが付属
  • アイコン表示の新メニュー
  • RECランプを3箇所に搭載
  • GPS搭載
  • タイムコード&ユーザービット対応
  • Bluetooth搭載と対応する新ライブビューリモコン「RM-LVR3」
  • モバイルバッテリーから給電可能

 

従来のSONYアクションカムFDR-X1000とHDR-AS200は別ラインとして異なる外観を有していましたが、新モデルFDR-X3000/HDR-AS300では外観、センサー等ほぼぼ共有するモデルとして開発されているようですね。

個人的にはFDR-X1000ユーザーですので、特に空間手ブレ補正、Bluetooth、タイムラプス機能の搭載は非常に気になります。

 

各メディアの記事

同社アクションカムで初搭載となる「空間光学ブレ補正」を装備したモデル。アクションカムの利用はブレやすい撮影シーンが多く、ブレが目立つ映像を見返すと酔ってしまうケースもあり、ブレ補正が重要視された。
Via : ソニー、ハンディカム発の“空間光学ブレ補正”を搭載したアクションカム – デジカメ Watch

ディスプレイ付きのリモコンをセットにしたモデルも用意。店頭予想価格は、「FDR-X3000R」が65,000円前後、「HDR-AS300R」が55,000円前後となる。既存の4K対応モデルX1000、フルHD・AS200Vの後継モデルとなり、今後はX3000、AS300、AS50の3ラインナップ展開となる。
Via : ソニー、空間光学ブレ補正搭載アクションカム。4K&超広角で強力補正 – AV Watch

新モデルには、レンズとユニットを一体化したハンディカムの空間光学ブレ補正のコンセプトをそのままに、超小型サイズのレンズユニットを新規に開発。ハンディカムでは手ブレ補正が主流になるが、アクションカムでは自転車やバイクに装着するケースもあるため、手持ち以外のブレをどう抑えるのかをアルゴリズムで解析し、幅広いブレに最適化した補正力が得られるという。
Via : ソニー、大敵“ブレ”を徹底的に抑える新「アクションカム」–ハンディカム譲りのブレ補正 – CNET Japan

両機とも“ハンディカム”で培った空間光学ブレ補正を搭載。両機の主な違いは4Kか否か、およびタイムコードとユーザービットに対応するか否か(上位機FDR-X3000が対応)で、そのほかの基本的なスペックは共通。
Via : ソニーから“アクションカム”初、空間光学手ブレ補正搭載の4Kモデル「FDR-X3000」 – Phile-web

これは光学系全体が浮いているような状態に保ってブレを補正するもので、従来の電子式ブレ補正に比べて、手持ちや歩きながらの撮影といった激しいブレでも強力に抑えることができるという。さらに、4Kやハイスピード撮影時にも有効な上、3段階の画角選択(Wide/Medium/Narrow)も可能だ。
Via : ソニーの4K/HDアクションカム。空間光学ブレ補正を搭載した「FDR-X3000」「HDR-AS300」 | Stereo Sound ONLINE

市場想定価格は、4K対応のボディ単体モデル「FDR-X3000」が50,000円前後、4K対応のリモコン付き「FDR-X3000R」が65,000円前後、フルHD対応のボディ単体モデル「HDR-AS300」が40,000円前後、フルHD対応のリモコン付き「HDR-AS300R」が55,000円前後(いずれも税別)。
Via : 価格.com – ソニー、空間光学ブレ補正を初搭載した4K/フルHDアクションカム

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “ソニー新アクションカムFDR-X3000/HDR-AS300発表!空間手ブレ補正搭載!

コメントを残す