スポンサードリンク

キヤノン“スピードライト600EX II-RT”「大幅に進化を遂げた大光量フラッグシップモデル」

Pocket
LINEで送る

Canonがスピードライトの新フラッグシップ機600EX II-RTを発表しました。
価格は7万2,000円(税別)で発売予定は2016年7月上旬ということです。

プレスリリース

キヤノンは、レンズ交換式デジタルカメラEOSシリーズ用外部ストロボのフラッグシップ機として新製品“スピードライト600EX II-RT”を2016年7月上旬より発売します。
Via : キヤノン:外部ストロボのフラッグシップ機“スピードライト600EX II-RT”を発売

製品情報ページ

特徴

  • 従来機と比較して、連続発光回数が単体で最大1.5倍アップ(最大約60回)
  • 電波通信ワイヤレス機能
  • ダイヤルを中心とした新しい操作体系
  • 防塵・防滴性能
  • ストロボ装着後のシューロック時にゴミの挟み込みを回避するダストワイプ機構
  • ワイヤレスマスター機能
  • 下方向へのバウンスも可能に

主なスペック

  • ガイドナンバー(約) 60
  • 照射角 20~200mm(ワイドパネル使用時14mm)
  • バウンス 上:90°、下:7°、左/右:180°
  • 充電時間 通常発光:約0.1~5.5秒、クイック発光:約0.1~3.3秒
  • 本体電源 単3形アルカリ乾電池 4本
  • 発光回数 約100~700回
  • 大きさ 約78.7(幅)×143.2(高さ)×122.7(奥行)mm
  • 質量 約435g(ストロボ本体のみ、電池別)

コンパクトバッテリーパックCP-E4N

コンパクトバッテリーパックCP-E4Nも同時発表されました。
27,000円(税別)で発売予定は600EX II-RTと同じく2016年7月上旬ということです。

撮影シーンによっては本体と同等以上にストロボの性能が重要な場合が多いと思いますが、600EX II-RTは求められる方にとっては即買いのスペックかもしれませんね。

各メディアの記事

キヤノンは、クリップオンストロボ「スピードライト600EX II-RT」を2016年7月に発売する。希望小売価格は税別7万2,000円。 現行フラッグシップ「スピードライト600EX RT」の後継機種。防塵・防滴性能や電波通信によるワイヤレス機能を継承しながら、連続発光回数や操作性を向上した。
Via : キヤノン、スピードライト最上位モデル「600EX II-RT」 – デジカメ Watch

外部ストロボ「スピードライトEXシリーズ」のフラッグシップモデル「スピードライト600EX-RT」の後継機種。最大ガイドナンバー260の大発光量と、焦点距離20~200mm(フルサイズ35mm判換算)をカバーする。なお、キヤノンのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの一部にも装着可能だ。
Via : 価格.com – キヤノン、外部ストロボのフラッグシップ機「スピードライト600EX II-RT」

スピードライト 600EX II-RTは、2012年3月に発売された「スピードライト 600EX-RT」の後を継ぐ、EOS用外部ストロボのフラッグシップモデル。連続発光回数をこれまでの約1.5倍に高めている。また、”600EX系” では初めて操作ダイヤルを搭載。各種ボタン類と併せて、スピーディーに設定を行えるように改善した。
Via : キヤノン、EOS用ストロボの最上位モデル「600EX II-RT」 | マイナビニュース

ストロボ光を拡散させることで被写体の影を抑え、より自然な描写を実現するバウンスアダプターを同梱しています。
Via : 外部ストロボのフラッグシップ機“スピードライト600EX II-RT”を発売|キヤノン株式会社のプレスリリース

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

キヤノン スピードライト 430EX III-RT
価格:29582円(税込、送料別)

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す