スポンサードリンク

ペンタックスK-1は初めて一眼レフに触った時のようなワクワクする感じ(KASYAPA)

Pocket
LINEで送る

マップカメラのフォトレビューサイトKasyapaがペンタックスK-1のレビュー記事と素晴らしい作例としてのサンプルイメージを掲載しています。

世界中のペンタックスファンが待ち望んだ『K-1』、肝心の写りはいかなるものなのか早速試写へ出かけました。
Via : マップカメラ | KASYAPA | 352:ペンタックスの夢を実現した一台『PENTAX K-1』 | Pentax

K-1での各レンズによる描写

FA77mm F1.8 Limited

  • リミテッドレンズらしい味のあるボケ味
  • 現代のレンズに比べてフリンジが出やすいのも特徴

FA43mm F1.9 Limited

  • 滑らかなボケ味と線の細い描写
  • フルサイズ機に装着することでより空間の広がりを感じられる

FA31mm F1.8AL Limited

  • 画質に関しては間違えなくフルサイズ機でも最高クラスの写りをする
  • ペンタックスらしい色表現がうまく重なり合い「撮れた写真が美しい」と感じる絶妙な画を出してくれる

HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR

  • 細い線を描きつつもコントラストの高い描写
  • 解像感と立体感も素晴らしい

画質

  • フルサイズはすごい、作画における安定感は抜群
  • K-3IIの明らかにその上をいく画質、他メーカーの高画素機と比べても最高峰の解像力、風景写真をメインにされている方は大きなメリット
  • フルサイズセンサーらしくハイライトの粘り、シャドウのトーンも豊かで微妙な黒の濃淡を見事に表現
  • ペンタックス機は緑がいつも印象的
  • WBのCTEやカラーモードの雅などはペンタックスユーザーしか味わえない特権
  • 「リアル・レゾリューション・システム」では驚くほど解像、輪郭がクッキリと浮かび上がり立体感のある写真に仕上がる
  • 高精細で美しい色を表現してくれる画質は文句の付けようがないくらい優秀

ISO性能

  • ISO800くらいの感度では全くノイズ感を感じない
  • カラーノイズが抑えらているのがISO25600まで、ISO51200に上げると途端に目立つ
  • 高画素機なのに高感度に強い

AF、手ブレ補正性能

  • 精度が高いピント合わせを実現
  • フォーカススピードも今までのペンタックス機の中では格段に早い
  • モーター非内蔵のレンズでもものすごく早い
  • 手ブレ補正の振動や違和感のある動きが全くない

使い勝手

  • スマートファンクションの機能ダイヤルが非常に使いやすい
  • ペンタックスらしいカスタマイズ性が高い
  • 「アシストライト」や「フレキシブルチルト式液晶モニター」など『K-1』にしかない独自装備がある
  • AFや操作系などカメラとしての基本性能もフラッグシップ機の名に恥じないレベル

まとめ

  • 今までのペンタックス機の魅力を引き継いでいる
  • ペンタックスユーザーの想いを具現化させた素晴らしいカメラ
  • フィールドカメラとして支持させるペンタックス機は自然物を撮った時の表現が得意
  • ペンタックスらしいチャレンジングな技術を投入
  • フルサイズセンサーでフィルム時代からのレンズ資産がそのままの画角で使用できる
  • ペンタックスの歴史を新たに塗り替えた1台
  • 初めて一眼レフに触った時のようなワクワクする感じを呼び起こしてくれる機種

ペンタックスユーザーの方ならレビューを読まれる前からその素晴らしさを感じるところだと思いますが、更にFA Limitedレンズの描写がそのままフルサイズの画になっている作例を見るともう堪らないカメラに感じられると思います。

更に、その価格ですが、フラッグシップ機としてばバーゲンプライス、加えてそのFA Limitedレンズにしてもここ最近の他社レンズと比較するとペンタックスの良心を感じるプライスだと思います。
そんなプロのみならず、アマチュアにも手が届くのがペンタックスの良さでもあるわけですね!

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク




関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す