スポンサードリンク

ソニーは今後も画素数をアップさせ続ける(SAR)

Pocket
LINEで送る

ロシアのProphotos誌がSONYの技術者へのインタビュー記事を掲載、sonyalpharumorsがその中からポイントとなる発言を公開しています。

The Russian magazine Prophotos interviewed Sony engineers. I mentioned a couple of points:
Via : Sony interview: Megapixel will keep increasing. Medium format is a possibility if there is a demand for it. | sonyalpharumors

ソニー技術者のインタビューから抜粋

  • SONYのカメラは将来も画素数を増加することを継続する
  • α6300はコンパクトなサイズを優先させるが故にボディ側手ブレ補正を搭載していない
  • SONYはαマウントの存続を約束する
  • 中判カメラへの参入についての発言
    • 「未来のことについて現時点で語ることは難しい。我々は需要を分析している。」

sonyalpharumorsのコメント

  • 数年前。SONYがマミヤ7に似ているデジタルミラーレスシステカメラを検討しているという噂が浮上したが、現在SONYの優先はフルサイズEマウントのカメラとなっている。
  • 何らかの中判プロジェクトに移行する前に、エキサイティングなαマウントカメラが実現するようにリソースを投入されることを期待したい

ソニーのカメラは今後も画素数を向上させながら進化を続けることは明確ですが、確かにαマウントのカメラに関しては明確なメッセージが感じ取れないような気もします。
勿論より多くのユーザーがEマウントを望んでいるとも言えるとも思いますが、sonyalpharumorsが書いているようにαマウントの最上位機種の進化も見てみたいと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク



関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す