スポンサードリンク

「新しい時代のための広角レンズ」ツァイスBatis 2.8/18発表

Pocket
LINEで送る

Zeissから新レンズのティザーイメージ公開されていましたが予測通りBatis 2.8/18が発表されました。

製品情報ページ

特徴

  • ソニーのフルサイズ・ミラーレスカメラのために開発
  • ディスタゴンレンズ(レトロフォーカスデザイン)構成
  • “Floating Elements”設計
  • オートフォーカス
  • 耐候性の金属鏡筒
  • マウント部のシーリング加工 防塵・防滴
  • 有機ELディスプレイ搭載 撮影距離と被写界深度を表示

スペック

  • 最短撮影距離 0,25m
  • レンズ構成 10群11枚
  • フィルター径 M77 x 0,75
  • サイズ(レンズキャップ含む) 95 mm
  • ピントリング最大径 78 mm
  • 重量 330 g (0.74 lbs)
  • レンズマウント E-Mount

α7シリーズユーザーの方は待望の超広角単焦点レンズということですが、気になるのはその価格です。

まずは海外の販売サイトでは予約が開始されていますが、米国のB&H Photoでの価格は$1,499で、同じ販売点でBatis 1.8/85が$1,199、Batis 2/25が$1,299で販売されていますので、それら2本より少し高価になりそうです。

ちなみに、マップカメラさんではBatis 1.8/85が13万円弱、2/25が13.5万円弱となっていますので、Batis 2.8/18は15.5万円〜16.5万円で販売されれば良いですね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク



関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す