スポンサードリンク

シグマがSA/EF→EマウントコンバーターMC-11発表!「レンズシステムの拡張性と拡張性を高める新デバイス。」

Pocket
LINEで送る

数日前、海外でのサプライズなフライング発表がありましたが、日本でもSIGMA MOUNT CONVERTER MC-11が発表されました。

ソニーEマウント機でシグマSAマウントレンズ及びキヤノンEFマウントレンズが使えるという、レンズ交換メーカーとしては画期的な製品というこになりますね。

プレスリリース

シグマSAマウント用交換レンズ、およびシグマ製キヤノン用交換レンズをソニーEマウントボディで使用するためのコンバーターを発表致します。
Via : MOUNT CONVERTER MC-11 発表|株式会社シグマ

製品情報ページ

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11
SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11

特徴

  • マウントコンバーターMC-11本体には、装着するレンズごとのデータを搭載。
    • 高速かつ、快適なAF動作
    • 周辺光量、倍率色収差、歪曲収差などのカメラ側の補正機能対応
    • 手ブレ補正OS機構に対応、角度ブレ補正をレンズ側で行うことで最大限の補正効果を発揮
  • ファストハイブリッドAF対応ボディできわめて快適なAF撮影が可能(AF-Sモード)
    • 一部DMFに対応
    • AF-C、AF-Aは非対応
  •  オートクロップ機能対応
    • 35mmフルサイズボディにDCレンズ装着でオートクロップ撮影が可能
  • 絞りの制御において、自動露出にも完全対応
  • 鏡筒内部に植毛を施し、内面反射に配慮
  • レンズの種類、焦点距離、F値などの情報が撮影画像のExifデータに反映
  • 内蔵のLEDの色と発光パターンにより、装着したレンズの対応、非対応の判別や、レンズデータの更新が必要かどうかの判断が可能

シグマにとってはSAマウントレンズをソニーEマウントに対応させることだけで、その資産をミラーレスでも活用出来るということで訴求出来る筈ですが、わざわざCanon EFマウントのアダプターも準備したのは大英断だと思います。

一方で、謎が深まるのは、同日に発表したミラーレスカメラsd Quattro / sd Quattro HがSAマウントということです。
もし、シグマがその気になればEFマウントのsd Quattro / sd Quattro Hカメラもすぐに出せるということを暗に証明しているのかもしれません。(少し前に、シグマがEFマウントのカメラを出すという噂がありました

今後もシグマはサプライズを準備しているのかもしれませんね。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11
関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

2 thoughts on “シグマがSA/EF→EマウントコンバーターMC-11発表!「レンズシステムの拡張性と拡張性を高める新デバイス。」

  • 2016年2月24日 at 9:31 AM
    Permalink

    SAマウントレンズ・ユーザーの便宜を図るための製品と理解します。ついでに、EFマウント用のアダプターが出るのは、キヤノンとの間に何かしらの合意がなされたのかも知れません。シグマがEFマウントのカメラを出すという情報は、キヤノンからの製造委託とも考えられますね。

    Reply
    • 2016年4月4日 at 8:43 PM
      Permalink

      確かにキヤノンには何らかの筋と通して出している可能性がありますね。

      Reply

コメントを残す