スポンサードリンク

「第二章、遂に。」キヤノンPowerShot G7X Mark II発表したのでG7Xと比較してみた

Pocket
LINEで送る

昨日、Canonから新型プレミアムコンパクトカメラPowerShot G7X Mark IIが発表されました。

G7X Mark IIは2014年10月に発表されたPowerShot G7X後継モデルですが、同じ24-100mmレンズと1型センサーが搭載されているようです。
私はG7Xユーザーですので、どこが進化したのか?気になりましたので比較表を作ってみました。

機能 G7X Mark Ii G7X
カメラ部有効画素数 約2,010万画素 約2,020万画素
画像処理エンジン DIGIC 7 DIGIC 6
回折補正 あり なし
オートライティングオプティマイザ あり なし
カメラRAW現像 あり なし
ピクチャスタイル あり なし
フォーカス制御 TTLオートフォーカス
マニュアルフォーカス
オートフォーカス:コンティニュアス、
サーボAF、マニュアルフォーカス
MF拡大機能 5、10 2、4
可動液晶 18045 上側180度
リングのクリック/スムーズ切り換え あり なし
UI EOSタイプのメニュー構成
シャッターBULB 30~1/2000秒 なし
オートNDフィルター あり なし
動画モード ショートクリップ、タイムラプス(動画)
光学手ブレ補正 4段(テレ端) 3段(テレ端)
連続撮影 約8.0枚/秒 約6.5枚/秒
静止画RAW 14ビット 12ビット
マルチアスペクトRAW 16:9,、3:2,、4:3、1:1 16:9,、3:2,、4:3、1:1、4:5
起動時間 約1.2秒 約1.3秒
インターフェース Hi-Speed USB(Micro)、HDMIコネクターD Hi-Speed USB、A/V-OUT、HDMIコネクターD
USB充電 対応 非対応
外観 新型グリップ
大きさ(幅・高さ・奥行き 105.5 × 60.9 × 42.2mm 103.0×60.4×40.4mm
質量 約319g/約294g 約304g/約279g

当初、外観のグリップくらいの違いか?と思っていたのですが、こうして見ると流石キヤノン様、抜かり無い進化を実現されているところに感心しました。

特にG7X Mark IIではキヤノン初のDIGIC7の搭載されたということで、画質も向上しているように見えます。
更にRAWが14ビットになっていたり、EOSシステム譲りのピクチャースタイルやUIを搭載しているのも見逃せません。

個人的には出張や旅行などでのメモ&スナップカメラとしてG7Xを使っていますので、その最大の欠点であったUSBチャージが今回実現されているのが羨ましいです。(他社では一般的なんですが)

で、PowerShot G7X Mark IIは既に予約が開始されています。
まずは、7万5千円強という感じでしょうか。

一方、G7Xは安いところでは5万円を切る価格となっていますので1インチセンサーのプレミアムコンパクトとしてはお買い得だと思います。

キヤノン ソフトケース CSC-G4 WH ホワイト

キヤノン ソフトケース CSC-G4 WH ホワイト
価格:7,430円(税込、送料込)

EVFが付くG5Xの方が少し安いのも注目

G7X Mark II公式サンプルイメージ

こちらはG7Xの公式サンプルイメージ

サンプルイメージですが、いずれも縮小イメージなのが残念です(^^;

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す