スポンサードリンク

富士フイルムX70画質レビュー記事(デジカメWatch)

Pocket
LINEで送る

デジカメWatchに澤村徹先生がFujifilm X70の画質レビュー記事を掲載しました。

富士フイルムから広角28mm相当の単焦点レンズを搭載するコンパクトカメラ「FUJIFILM X70」が登場した。レンズ交換式の「FUJIFILM X-T1」などにも採用されるAPS-Cサイズ1,630万画素のX-Trans CMOS IIイメージセンサーとEXR Processor IIの組み合わせに、新設計の18.5mm F2.8レンズ(35mm判換算28mm相当)を搭載したモデルだ。本稿ではX70の実写レポートをお届けしよう。
Via : 新製品レビュー:FUJIFILM X70(実写編) – デジカメ Watch

  • 解像感
    • 開放からシャープ
    • 四隅までしっかりと解像し、緻密な描写力
    • 点像復元処理を搭載しており気にせず絞り込める
    • F11までは申し分ないシャープさ
    • F16で回折により甘くなる
  • ボケ
    • 絞り羽根が9枚で、円形のボケを形成
    • ボケ味はなだらかで嫌みがない
    • 近接開放のボケ量の多い表現も積極的に活用したい
  • 歪曲・周辺光量
    • 歪曲のない描写
    • 周辺光量落ちはほぼ感じらない
  • 逆光
    • 太陽を入れ込んでも。ゴーストやフレアが抑えられている
    • シャドウの浮きもほとんど感じられない
    • 積極的に逆光撮影できる
  • 高感度
    • ISO3200までほぼクリア
    • ISO6400でようやくノイズを感じる
    • ISO6400も十分に常用
    • ISO12800はノイジーだが、合焦部はシャープ
    • ISO25600は画質的にかなり厳しい
  • 発色
    • 自然で、リアリティのある仕上がり
    • コントラストの付き方が絶妙で安定感がある
    • 通の琴線に触れる描き方
  • AF
    • 新AFシステムはラフな撮り方でもちゃんと被写体を捉えてくれる
    • 気軽なスナップから作品づくりまで幅広いニーズに応えてくれる

私はGRユーザーですが、レンズ性能や画質面を見るとX70の方が安定感があるという感じました。特にボケが美しいですね。
また、富士フイルムならではのフィルムシミュレーションも羨ましいです。

発売日の2月18日がますます楽しみになっている方も多いのではないでしょうか?

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

リコー GR II

リコー GR II
価格:71,793円(税込、送料別)

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す