スポンサードリンク

キヤノンフラッグシップ機“EOS-1D X Mark II”発表!「極限のドラマを記録する。」

Pocket
LINEで送る

Canon公式サイトで、EOS-1D X Mark IIが正式発表されました!!
4月下旬発売予定ということです。

流石キヤノンを代表するフラッグシップ機としてしかるべき機能と性能が実現されており、そのスペックは他のカメラには無い(Nikon D5をを除く)読み応えのようなものを感じますね。

プレスリリース

キヤノンは、プロフォトグラファーと、高性能を求めるハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機 “EOS-1D X Mark II”を2016年4月下旬に発売します。
Via : キヤノン:高画質と最高約14コマ/秒の高速連写を両立 デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機“EOS-1D X Mark II”を発売

キヤノン:EOS-1D X Mark II
キヤノン:EOS-1D X Mark II

製品情報ページ

  • 有効約2020万画素35mmフルサイズCMOSセンサー
    • CMOS半導体工程に最新の微細化プロセスを導入
    • 高効率フォトダイオード構造
    • カラーフィルターの透過率アップ
    • 新セルフクリーニング機構
  • 輝点補正機能搭載
    • 宇宙線などの影響により生じる輝点ノイズを撮影時に補正できる
    • センサークリーニングを任意実行時にカメラが補正用データを自動的に取得
  • デュアルDIGIC 6+
    • 新ノイズ低減処理
    • 常用ISO 51200(拡張ISO感度H3:409600)
    • 細部の解像感を調整できるシャープネス設定
    • 新ピクチャースタイル、「ディテール重視」
    • レンズ光学補正は周辺光量、歪曲収差を補正に加え回折補正に対応
    • レンズ光学補正データをすべて内蔵
    • 専用ICを新規開発しカメラ内デジタルレンズオプティマイザを実現
    • 3種のRAWと4種のJPEGを記録
    • カメラ内RAW現像、リサイズ、トリミング対応
  • 高速連写性能
    • AF/AE追従で約14コマ/秒を達成
    • 16fpsのクイックビューもRAW記録に対応
    • JPEG:カードフル、RAW:約170コマまで連続撮影
    • モーターを減速制御する新開発2モーターミラー振動抑制システム
  • 新シャッターユニット
    • 電子先幕シャッターによるLVソフト撮影/ソフト連続撮影
    • 1/8000秒の電子先幕に対応
    • 作動試験40万回をクリア
  • デュアルスロット
    • CFast 2.0カード/CF(UDMAモード 7)カード対応のデュアルスロット
    • exFATをサポート
  • AF
    • 新EOS iSA System
    • デュアルピクセルCMOS AF でタッチ操作によるAFフレーム設定が可能に
    • 約36万画素RGB+IR測光センサーで近赤外光を含む波長領域も検知することが可能
    • 新アルゴリズムに基づく、216分割評価測光/評価調光
    • フリッカーレス撮影
    • 新開発の61点レティクルAF
    • F2.8:5点、最大41点のクロス測距 すべての測距点のF8対応測距
    • 中央1点の低輝度限界の拡大
    • AIサーボAFとEOS iTR AFのアルゴリズムを進化
    • 測距エリアを 周辺測距点を最大約24%、中央部を最大約8%拡大
    • -3EV対応測距
    • AFユニットに、耐環境性能に優れた構造と材質を採用
    • 測距点の赤色表示
    • 顔・色検知の進化したEOS iTR AF
    • AIサーボAF III+の熟成
    • AIサーボAFはISレンズに搭載されたIS 用ジャイロを利用して、パンニングとティルティングを検出
  • 光学ファインダー
    • 視野率約100%、倍率約0.76倍、アイポイントは約20mm
    • ファインダー視野外の情報表示に有機ELパネルを採用
    • 接眼したまま設定変更できる、インテリジェントビューファインダーII
  • 液晶モニター
    • 3.2型クリアビュー液晶II
    • 高精細約162万ドット
    • 静電容量方式のタッチパネル
  • ボディ
    • マグネシウム合金製ボディー
    • 防塵・防滴構造
    • 放熱構造
  • EOS MOVIE
    • デジタルシネマ規格の4K(4096×2160、アスペクト比17:9)を、最高59.94fpsで内部記録
    • 記録形式にMOV、圧縮方法にMotion JPEGを採用
    • 音声を非圧縮のリニアPCMで収録することが可能
    • スーパー35mmフォーマットをカバー DCI 4KはCMOSセンサー上の4096×2160のエリアをドット・バイ・ドットでクロップして記録
    • 119.9fpsのハイフレームレートに対応した、フルHD記録
    • 1ファイル4GBの壁を超える、exFATフォーマット
    • カラーサンプリング4:2:2
    • 色空間、ITU-R BT.601/BT.709をサポート
    • 4K動画からのフレーム切り出しが可能
    • ピクチャースタイルを、オートライティングオプティマイザ、周辺光量補正、色収差補正も有効
    • フルHDをYCbCr4:2:2(8bit)、非圧縮でHDMI出力
    • ステレオマイク/ライン入力
    • 撮影中にほぼ無音で設定変更できる、動画サイレント設
  • カメラ内GPS機能
    • メリカのGPS衛星、ロシアのGLONASS衛星、日本の準天頂衛星みちびきのGPS信号に対応
    • ロガー機能で更新間隔(1秒~5分まで8段階)で位置情報を取得
    • 時刻合わせ作業を自動化、誤差約±0.02秒
  • USB3.0
    • 専用インターフェースケーブルIFC-150U II
    • SuperSpeed USB のMicro B
  • Ethernet 1000BASE-Tの高速通信
    • FTPサーバーはFTPSモードを新搭載
    • WFTサーバーが進化 動画撮影や携帯端末に新対応
    • WFT-E8B(別売り)
    • 5GHz帯の高速通信規格、IEEE 802.11ac対応
  • サイズ 約158.0(幅)×167.6(高さ)×82.6(奥行)mm
  • 質量 約1530g(CIPA)/約1340g(本体)

プロモーション動画

機能紹介動画

静止画機能編

動画機能編

EOS MOVIE編

EOS-1D X Mark II公式サンプルイメージ

各メディアの記事

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark II」を4月下旬に発売する。EOS-1D Xの後継となる同社フラッグシップ機。キヤノンオンラインショップでの価格は税別67万8,000円。
Via : キヤノン、最高14コマ/秒連写の「EOS-1D X Mark II」 – デジカメ Watch

この夏に開催するリオデジャネイロオリンピックに向け、2016年2月2日にキヤノンがデジタル一眼レフのフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark II」を発表した。秒間14コマ(ライブビュー撮影時は16コマ)の高速連写を可能にしたほか、61点のオートフォーカスは測距エリアを上下に拡大しつつ、全点をF8対応に改良。新たに4K動画撮影機能を搭載したうえで、4K動画からの静止画切り出し機能も備えた。2012年6月発売の「EOS-1D X」と比べて撮影性能を高め、オリンピック需要に応える。
Via : キヤノンが「EOS-1D X Mark II」発表、秒間14コマの高速連写や4K動画切り出しも – 日経トレンディネット

センサー表面には集光率をアップさせる「ギャップレスマイクロレンズ」を配置し、暗部ノイズ低減など高感度撮影時の画質アップを実現している。
Via : ASCII.jp:キヤノンの最上位一眼レフ「EOS-1D X Mark II」発表! CFとCFastのダブルスロット採用

画像処理エンジンには、JPEG撮影時に歪曲収差補正と回折補正などのレンズ光学補正機能を行う「DIGIC 6+」を2基搭載。2基の画像処理エンジンの働きによって、約14コマ/秒(AFAE追従)、ライブビュー撮影時には約16コマ/秒の連写性能を有するほか、最大で4K(4096×2160/60p、Motion JPEG、ドット・バイ・ドットのクロップ記録)での動画撮影にも対応する。
Via : 動画機能もフラッグシップ、キヤノン EOS-1D X Mark II 登場 〈アサヒカメラ〉|dot.ドット 朝日新聞出版

さらに、高速読出を可能にすることで、静止画コマ速最高約16fpsや、4K/60pの動画撮影にも対応。撮像素子で位相差AFを実現するデュアルピクセルCMOS AFにも対応しており、ライブビューや動画撮影時のAFも高速、高精度化している。フォーカスをA点からB点に移動させる速度(動画サーボAF時のAF速度)も、70Dや7D Mark IIの5段階から10段階に倍増している。
Via : キヤノン、4K/60p撮影可能なデジタル一眼最上位「EOS-1D X Mark II」 – AV Watch

EOS-1D X Mark IIは、2012年6月に発売された「EOS-1D X」の後継となるプロ向けフラッグシップモデル。新たに開発した有効約2,020万画素の35mmフルサイズCMOSセンサー、そして映像エンジンDIGIC6+をデュアル搭載する。
Via : キヤノン「EOS-1D X Mark II」、新2,020万画素センサーでさらなる高みへ | マイナビニュース

AE性能については、36万画素にアップしたRGB+IR測光センサーを搭載し、被写体認識精度の向上や、「EOS iTR AF」のAF追従精度の向上を実現。AFセンサーは、「EOS-1D X」と同様の最大測距点数61点(クロス最大41点)ながらも、測距エリアを、中央で縦に約8.6%拡大、周辺を縦に約24%拡大した。F8レンズ測距点数は、「EOS-1D X」の1点から最大61点(クロス最大21点)へ大幅に増加。低輝度限界性能はEV-3に向上した。
Via : 価格.com – キヤノン、秒間14コマ連写&4K/60p動画対応のフラッグシップ「EOS-1D X Mark II」

自社開発の約2020万画素フルサイズCMOSセンサと、新映像エンジンを2基搭載した「デュアルDIGIC 6+」、AFセンサ、測光センサなど、キーデバイスを刷新し、基本性能を大幅に向上。高画素化とともに、 AF・AE(自動露出制御)を追従させながら最高約14コマ/秒の高速連写が可能になった。新たにGPSを内蔵し、位置情報の記録もでき、時刻合わせにもこのGPSを利用できる。
Via : 4年ぶりの刷新–キヤノン、デジタル一眼レフのフラッグシップ「EOS-1D X Mark II」 – CNET Japan

2012年3月に発売したEOS-1D Xの後継機種であり、同社の35mm判フルサイズ機としては初めて60fpsの4K動画記録機能を搭載したほか、測距エリアの増加や常用ISO感度の向上、GPSやWifi対応など、フラッグシップとしてのスペックを一新しています。
Via : キヤノン、EOS初の4K60p動画記録対応一眼レフ EOS-1D X Mark II発表。16コマ/秒の高速連写も可能なフラッグシップ – Engadget Japanese

EOS-1D X Mark IIは、同社開発の約2,020万画素フルサイズCMOSセンサーと、新映像エンジンDIGIC 6+を2基搭載し、従来機よりAFセンサーや測光センサーなどのキーデバイスを刷新。静止画撮影時において、常用ISO51200(拡張ISO409600相当)、4K動画撮影時は常用ISO12800、フルHD動画撮影時は常用ISO25600の高感度を実現。周辺光量補正と色収差補正に加え、撮影時において歪曲収差補正と回折補正も可能となった。また、RAW現像時にレンズの諸収差や回折現象、ローパスフィルターに起因した解像劣化を補正するデジタルレンズオプティマイザ機能を搭載している。
Via : キヤノン、4K/60p動画撮影が可能なデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark II」を発売 – PRONEWS

ファイル形式は4KがMOVとMotion JPEG、フルHDはMOVとMP4に対応。さらに、撮影後に選んだフレームを、本機のみで880万画素のJPEG形式の静止画として切り出すこともできるので、ベストの一瞬を狙いたい時に活躍しそうだ。
Via : キヤノン「EOS-1D X Mark II」。4K/60p動画撮影にも対応した、デジタル一眼カメラの最上位機 | Stereo Sound ONLINE

“EOS-1D X Mark II”は、キヤノンにおける最先端技術や最高クラスの性能を備えたフラッグシップモデル「EOS-1」シリーズの最新機種です。従来機種「EOS-1D X」(2012年6月発売)より、さらなる高画質化と高速連写を実現しているほか、動画撮影機能と通信機能を強化しています。
Via : 高画質と最高約14コマ/秒の高速連写を両立 デジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機“EOS-1D X Mark II”を発売 – BIGLOBEニュース

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

One thought on “キヤノンフラッグシップ機“EOS-1D X Mark II”発表!「極限のドラマを記録する。」

コメントを残す