スポンサードリンク

富士フイルム「フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」発表!超望遠領域でも手持ち撮影

Pocket
LINEで送る

富士フイルムはX-Pro2と同時に、35mm判換算で152mm~609mm相当の焦点距離をカバーする超望遠ズームレンズ「FUJINONレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」を発表しました。

発売日は平成28年2月18日(木)ということです。

いよいよフジフイルムのミラーレスXシリーズユーザーの方もこのレンズで一眼レフカメラシステム並みの望遠性能を手に入れることが出来るということで画期的なレンズとなりそうですね!

プレスリリース

プレミアムミラーレスカメラ「Xシリーズ」の交換レンズのラインアップとして、クラス最高となる5.0段分の手ブレ補正と小型・軽量設計により、超望遠領域でも手持ち撮影で「Xシリーズ」の高画質を楽しめる「フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」を、平成28年2月18日より発売します。
Via : 超望遠領域でも手持ち撮影で「Xシリーズ」の高画質を楽しめるクラス最高15.0段分の手ブレ補正、小型・軽量設計を採用した超望遠ズームレンズ「フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」新発売: ニュースリリース | 富士フイルム

製品情報ページ

特徴

  • 軸上色収差を徹底的に低減することで、クラス最高レベルの高画質を実現
  • クラス最高となる5.0段分の手ブレ補正
  • 「FUJIFILM X-T1」と組み合わせても質量は2kg以下と軽量
  • 防塵・防滴・-10℃の耐低温構造
  • フッ素コーティング
  • 偏光フィルター操作窓がついたロック機構付レンズフード
  • 「フジノン テレコンバーター XF1.4X TC WR」の装着が可能

仕様

レンズ構成 14群21枚 (EDレンズ6枚、内1枚スーパーEDレンズ)
焦点距離 f=100-400mm (35mm判換算 152-609mm相当)
画角 16.2°~ 4.1°
最大口径比(開放絞り) F4.5 (ワイド端)、F5.6 (テレ端)
最小絞り F22
絞り形式 羽根枚数:9枚 (円形絞り)
ステップ段差:1/3ステップ (全15段)
撮影距離範囲 1.75m~∞
撮影倍率 0.19倍 (テレ端)
外形寸法 最大径×長さ(約) Φ94.8mm x 210.5mm (ワイド端) / 270mm (テレ端)
質量(約) 1,375g (キャップとフード、三脚座を除く)
フィルターサイズ Φ77mm

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR 公式サンプルイメージ

XF100-400mmスペシャルコンテンツページ

デジカメwatch様の記事

「XF100-400mm」として開発を表明していた超望遠ズームレンズ。35mm判換算の焦点距離152-609mm相当となる。なお、これまで同社Xマウントレンズで最も焦点距離が長かったのは「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II」だった。また、他社を含めてAPS-C用で望遠端が400mm程になるズームレンズは珍しい。
Via : 富士フイルム、超望遠ズーム「XF100-400mm」を正式発表 – デジカメ Watch

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

<>
関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す