スポンサードリンク

DxOMarkのレンズテストでタムロンSP 15-30mm F/2.8 Di VC USD とニコンAF-Sレンズ比較

Pocket
LINEで送る

DxO Mark のレンズテストで、TAMRON SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012) が総合スコア31ポイントとなりました。

一方、ニコン純正のAF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRの総合スコアは25ポイント。
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの総合スコアは30ポイントということで、総合スコアを見る限り、タムロンのSP 15-30mm F/2.8はこれらのレンズと同等以上の結果を出しています。(テストボディはいずれもNikon D810です。)

ちなみに、Tokina AT-X 16-28 F2.8 PRO FXの総合ポイントは25です。

但し、タムロンのSP 15-30mm F/2.8のベストスコアは焦点距離24mmで出しており、AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRのベストスコアも同じく24mmですが、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDのベストスコアはより広角の16mmで出しています。
流石純正レンズという感じですね。

ただ、実売価格を比較するとタムロンSP 15-30mm F2.8が10万円弱、Tokina 16-28が7万円弱、AF-S NIKKOR 16-35mm F4Gは11万円強、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8Gは17万円強となっていますので、ご予算や使い方ではタムロン製やトキナー製の方を選択される理由は充分にあるかと思います。

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

関連コンテンツ

アマゾン書籍検索
楽天トラベル

コメントを残す